過払い金返還請求の相談無料 by 弁護士法人心

弁護士による過払い金返還請求 by 弁護士法人心

お役立ち情報

過払い金の時効について

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

片方がいるだけでは成立しない

お金の貸し借りというものは,貸す側と借りる側がいることで成立します。

貸す人だけがいても借りる人がいなければ商売として成り立ちませんし,借りたいと思う人がいても,貸してくれる人がいなければ,借金そのものができないわけです。

今は,過払い金請求をする人が増えてきていますが,過払い金請求をするということは,請求する側とそれを支払う側がいてはじめて成立するわけです。

過払い金請求をしても,支払ってくれる相手がいなければ,手元にお金は戻ってこないわけです。

ですが,借金をしていた事実があるわけですから,過払い金を支払ってくれる相手は必ずいるはずですよね。

それでも,相手がいなくなってしまうような場合があります。

それは,貸金業者の破たんです。

要するにその業者は,お金を払うだけの力が残っていないわけです。

たくさんの過払い金請求をうけ,お金が尽きてしまったということです。

こうなると,弁護士を通じで過払い金請求をしたとしても,お金は取り戻せる可能性がほとんどなくなります。

たとえ取り戻せたとしても,そのお金はほんのわずかになってしまうことでしょう。

できることなら,お互いがしっかりと力がある状態で取引したいところですから,業者が破たんしてしまうまえに,過払い金の請求をしておくほうがいいかもしれません。

お問合せ・アクセス・地図へ