児童ポルノの相談なら【弁護士法人心】

刑事事件サポート by 弁護士法人心

大変申し訳ございませんが,松阪駅法律事務所では,担当弁護士の予定が一杯のため,現在刑事事件についてのご相談はお受けすることができません。
その他の事務所(東京駅法律事務所,柏駅法律事務所,名古屋駅法律事務所,名古屋みなと法律事務所,豊田市駅法律事務所,津駅法律事務所,岐阜駅法律事務所)では,ご相談を承っております。

児童ポルノ

18歳未満の児童の裸や半裸,性器,性交している様子などが写っている写真,画像データ,動画などを,所持・保管,譲渡・送信,製造,陳列をすると,児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律によって,刑罰が科されます。

刑罰の内容は,所持した場合:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金,製造・特定の人に提供した場合:3年以下の懲役又は300万円以下の罰金,不特定多数に提供,又は公然と陳列した場合:5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し又はこれを併科となります。

注意すべきなのは,単純所持,すなわち自分が閲覧する目的だけで児童ポルノを所持した場合でも刑罰の対象となることです。

また,ファイル共有ソフトへのアップロードしたり,SNSに掲載してしまうと,児童ポルノの陳列罪となり,重い懲役と罰金が両方科される可能性があります。

もちろん,親が子どもである児童の水着写真や裸の写真を所持したり,SNSにアップロードすることはただちに違法ではありませんが,写真の内容や掲載場所によっては,問題となり得ますので,こちらも注意が必要です。

児童ポルノに関す罪の弁護内容

1 量刑が軽くなるように活動します。

児童ポルノに関する罪は,罰金も定められていますので,更正の状況や監督の状況などを検察庁に伝え,略式裁判による罰金判決の獲得を目指します。

また,罰金の金額についても,行為についての情状を主張して,なるべく低い金額になるよう活動を行います。

2 自首・出頭に同行いたします。

児童ポルノに関する罪のうち,製造,提供,陳列等に関しては,警察に発覚する可能性が所持に比べて高く,サイバーパトロールで発覚することもあり得るので,場合によっては,自首や出頭を検討することもあります。

その場合,事前に弁護士によるアドバイスや身柄拘束されないような対策をとった上で,弁護士と同行して警察署などに行くことも可能です。

児童ポルノに関する罪で自首や出頭をご検討している方は,お気軽にご相談ください。

3 その他の余罪についても念頭に活動します。

児童ポルノに関する罪の内,製造については,援助交際などによる青少年保護育成条例違反,盗撮などによる迷惑行為防止条例違反,強制わいせつや強制性行等罪など,他の犯罪と一緒に行われている場合もあります。

その場合は,その他に罪についても配慮が必要となりますので,その弁護も併せて行うことになります。

広く,児童に対する罪を犯してい待った場合,お気軽にお問い合わせください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア