刑事事件対応の弁護士をお探しの方は,弁護士法人心 まで

刑事全国

「その他」に関するお役立ち情報

刑事事件の示談金の相場

1 示談の必要性

刑事事件を起こしてしまった場合,当然,迷惑をかけてしまった刑事事件の被害者に対して,謝罪の後に,示談交渉・示談をして,被害弁償をすべきです。

刑事事件の被害者と示談・被害弁償をしなければ,刑事事件の被害者は民事訴訟の提起や損害賠償命令の申し立てをおこなってくるかもしれません。

刑事事件の被害者にそのような負担をかけないためにも,速やかな示談交渉・示談及び被害回復を行う必要性があります。

そして,刑事事件の被害者と示談ができれば,重い刑事処分を回避することができる可能性が高まります。

また,器物損壊罪などの親告罪では,示談の際に告訴を取下げてもらえれば,起訴されることはありません。

2 示談金の相場

刑事事件のご相談に乗っていると,示談金の相場を聞かれることがあります。

また,ホームページでも示談金の相場が具体的に載っているものもあります。

しかし,「痴漢の示談金は○○円」とか,「窃盗の示談金は被害金額○○円」といった表記は誤りであると言わざるを得ません。

たとえば,痴漢にしても,初めて会う女性の体を数秒触っただけの類型から,毎朝,同じ女性を執拗に触り続けたような類型まであり,それらが同じ示談金ですむはずがありません。

強盗の場合も,万引き犯が追いかけてきた警備員に怪我をさせてしまったという(事後)強盗から,宝石店を集団で襲った強盗まであり,当然,示談金は異なります。

被疑者・被告人側の事情としても,示談が出来なくても初犯であり執行猶予が見込まれる人と,示談ができずに起訴されれば前科があるので実刑になる確率が高い人では,示談金は変わってきます。

すなわち,個別具体的な事情のもとで,だいたいこのくらいの金額だろうという見通しを立てることは出来ても,罪名だけで示談金の幅を決めるのはできません。

3 示談金の見通し

一般的な示談金の相場はないとしても,個別具体的な事件では,弁護士は示談金の見通しを立てます。

あるいは,被害者から聴取りを行って示談金の提案を行います。

その際に,考慮する要素の一例は以下のとおりです。

交通事故関係(保険加入) ①損害保険から支払われる金額 ②お見舞い金
交通事故関係(保険加入) ①民事の交通事故の損害賠償額 ②お見舞い金
性犯罪(痴漢,盗撮,強制わいせつ,強制性行等) ①精神的慰謝料(犯行態様,年齢,状況等を総合的に検討) ②汚損した衣服類代金相当額 ③休業損害(警察の対応等で休んだ場合) ④病院代,カウンセリング代
暴力事件・傷害事件 ①治療費 ②休業損害(通院・警察の対応等で休んだ場合) ③通院慰謝料(交通事故の慰謝料を参考に)
財産犯(万引き・窃盗,詐欺,横領等) ①被害金額 ②調査費用等の迷惑料

交通事故の場合,治療費などの損害は,自動車賠償保険で支払われるのが一般です。

しかし,民事の示談を越えて,嘆願書を取得するなどの示談交渉の場合は,お見舞い金などを支払う場合もあります。

自動車賠償保険に加入していない場合は,賠償金を一括で支払うことが難しい場合が多いので,分割での支払いの示談を行い,場合によっては示談書を公正証書にすることもあります。

示談金の考慮要素の一例は上記のとおりですが,被疑者・被告人の資力も問題も当然あります。

そのため,本当は30万円払うべきであるが,10万円が限界なので,10万円で示談をお願いする場合もあります。

あるいは,示談金を決めるのが難しい場合に,罰金の金額を基準にしたり,給料の何か月分という提案をすることもあります。

4 弁護士法人心の示談交渉に対する思い

弁護士法人心では,刑事事件を迅速に解決し,なるべく軽い処分を目指すとともに,刑事事件の被害者の心情にも配慮して,示談交渉にあたります。

示談交渉は,謝罪を行い,お許しを得るところが出発点なので,「相場」や「基準」などという言葉を用いず,まずは熱意を持って,誠心誠意対応することを心がけています。

刑事事件を起こしてしまい,刑事事件の被害者と示談交渉・示談を行いたいという方は,お気軽に弁護士法人心にお問い合わせください。

刑事事件・示談交渉に関するご相談は30分無料で承っております。

また,刑事事件・示談交渉に関する新規のご相談の受付は平日午前9時から午後10時まで,土日午前9時から午後6時までとなっております。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア