刑事事件対応の弁護士をお探しの方は,弁護士法人心 まで

刑事事件サポート by 弁護士法人心

大変申し訳ございませんが,松阪駅法律事務所では,担当弁護士の予定が一杯のため,現在刑事事件についてのご相談はお受けすることができません。
その他の事務所(東京駅法律事務所,柏駅法律事務所,名古屋駅法律事務所,名古屋みなと法律事務所,豊田市駅法律事務所,津駅法律事務所,岐阜駅法律事務所)では,ご相談を承っております。

前科者になりたくない

前科という用語に,法律上明確な定義はありませんが,一般的には犯罪人名簿に載ることをさします。

犯罪人名簿に記載されると選挙権・被選挙権や資格,海外渡航などが制限される場合があります。

前科が付かずに済むには,不起訴の獲得,裁判によって無罪の獲得など,有罪にならないための弁護活動が重要となります。

ただし,裁判における有罪の割合が99%という現状を踏まえると,無罪獲得は相当困難と言わざるを得ません。

刑務所に入らずに済んだとしても,執行猶予付きの有罪判決を受け,これが確定すると前科になりますので,この点は気を付けておかなければなりません。

当事務所にご相談いただければ,早い段階から不起訴(起訴猶予)を目指す弁護方針を確認し,反省や更生の意欲,被害者への謝罪と賠償を尽くした上での示談締結,嘆願書獲得を迅速・確実に進め,不起訴獲得に向けご依頼者様のために行動いたします。

もちろん無実での逮捕であれば,その旨を訴えるための証拠・証言を揃えることで,「嫌疑なし」「嫌疑不十分」での釈放を要求していきます。

前科についてお悩みでしたら,是非,当事務所にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア