交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故を解決するための実費

1 診断書など

被害者の負った怪我の状況を正確に把握するために医師の診断書が必要となります。

そして,実際に病院で受けた治療の内容を調査し,治療にかかった金額を計算するために,診療報酬明細書という書類も必要となります。

これらの書類は,一般的には一通5000円程度の費用が必要になります。

そして,診断書や診療報酬明細書は毎月発行してもらうケースでは,治療期間が数カ月にも及ぶ場合には,書類費用として数万円が必要になってきます。

接骨院にも行った場合には,施術証明書・施術費明細書という書類が必要になります。

これも,先ほどの診断書などと同様に,一通5000円程度の費用がかかります。

2 交通事故に関する書類

交通事故にあった場合の証明として,交通事故証明書という書類があります。

これは,自動車安全運転センターや全国の警察署で交付を受けることができますが,交付手数料として540円かかります。

また,事故の状況を警察が現場で確認する捜査のことを実況見分といいますが,実況見分の際に作成される実況見分調書も,交通事故の状況を客観的に調べるために必要な書類となります。

この実況見分調書は,多くの場合,弁護士が弁護士会の照会という制度を使って取り寄せることができますが,その費用として一通5000円程度かかることになります。

3 裁判所への訴訟費用

保険会社との交渉が不調に終わり,裁判をする場合には,裁判所に収める訴訟費用が必要となります。

訴訟費用は,相手へ請求する損害賠償の金額によっても変わりますが,例えば100万円を請求する場合なら訴訟費用は1万円,500万円を請求する場合なら訴訟費用として3万円の収入印紙が必要になります。

4 その他

交渉の過程においては,相手方と郵送やFAXで書類をやりとりする場面も非常に多くあり,それらの郵送料や通信費がかかります。

また,事故の衝突の程度や衝突方法の言い分が相手と食い違う場合には,その食い違いの程度によっては,自動車の損傷状況などを専門家に鑑定してもらうことが必要になることもあります。

鑑定の費用は,数万円~数十万円かかることもあります。

5 弁護士費用特約

弁護士費用特約がある場合には,弁護士費用だけでなく,交通事故の解決に必要な実費についても保険でまかなわれます。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ハイクオリティー・ローコストです

交通事故にあってしまうと,ケガの状態によってはお仕事を休む必要が出てくる場合があるかと思います。

そうなると,治るまではお金のことが心配になるのではないでしょうか。

私達は,そういった方々にも安心してご依頼をいただけるよう,交通事故案件に関する相談料を原則無料,さらに着手金も原則無料としています。

つまり成功しなければ料金は発生しないということですが,そうなると,「あとから莫大な金額を請求されるのではないだろうか」という不安が出てくるかもしれませんね。

当法人ではハイクオリティー・ローコストを重視しておりますので,こちらでのページでもご説明している通り料金を非常に低く抑えています。

料金説明もしっかりとさせていただきますので,その際にはご不明な点などあればお気軽にご質問ください。

特約の利用も可能です

また,お客様の保険に弁護士費用特約がついていればそちらもご利用いただけますので,さらにご負担を軽くすることも可能です。

弁護士への依頼にはとにかくお金がかかる,と思っていらっしゃる方も多いかと思いますが,当法人は皆様にとって身近な法律事務所でありたいと考えております。

交通事故に関して困ったことがありましたら,ぜひ当法人にご相談ください。

弁護士・スタッフ一同,皆様のご相談をお待ちしております。

お問合せ・アクセス・地図へ