費用|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の弁護士費用

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

「あらかじめどれくらいの損害賠償が妥当かということを知っておいて,それから弁護士に相談するかどうかを決める」という方法があります。当法人では損害賠償を無料で診断するサービスがありますので,迷っている方はこちらのご利用もご検討ください。

スタッフ紹介へ

皆様が加入している保険に,弁護士費用特約がついている場合があります。これがあると交通事故相談にかかる弁護士費用が大幅に減ったりなくなったりする場合がありますので,弁護士にご相談いただく前にぜひご確認いただければと思います。

対応エリア

遠くからご相談にお越しいただくとなると,やはり交通費のことも気にかかるのではないかと思います。当法人への交通事故相談はお電話でもできますので,移動の費用や時間をあまり気にすることなくご相談いただくことができるかと思います。

弁護士費用特約をご利用いただけます

1 弁護士費用特約とは

交通事故の被害者の方が,弁護士などの専門家に法律相談をしたり,保険会社との示談交渉を依頼した場合の法律相談料や着手金・成功報酬といった,専門家に対する報酬を,保険会社が被害者の方に代わって支払う保険のことを,弁護士費用特約といいます。

2 弁護士費用特約が使える場合とは

弁護士費用特約が使えるか否かは,保険会社の約款によって決まりますので,約款や保険証券を確認しましょう。

最近では,交通事故に関する保険以外にも,火災保険や医療保険,賃貸物件入居時の保険などについていたり,同乗者や家族の弁護士費用特約が利用できる場合もありますので,ご自身が入られている保険を丁寧に調べてみることが大切です。

3 弁護士費用特約が使えるか調べる方法

保険証券やインターネットで加入されている保険契約を確認する方法もありますが,ご加入されている保険契約の保険証券を弁護士に見てもらう方法が確実です。

ご加入されている保険会社に問い合わせる方法もありますが,必ずしも交通事故に詳しい弁護士を紹介してもらえるとは限りませんので,注意が必要です。

4 弁護士費用特約でカバーできる額

300万円までの弁護士費用をカバーしてくれるところが多いようですが,保険会社によっては,100万円以下しかカバーしないなど,カバーしてくれる額が少ないところもあるようですので,ご加入時・ご利用時には注意が必要です。

5 弁護士に相談するタイミング

交通事故に詳しい弁護士であれば,加害者側の保険会社による治療費の不当な打ち切りに対応したり,後遺障害の等級申請を見据えた治療や損害賠償請求に関する的確なアドバイスができます。

特に,後遺障害に関するアドバイスに関しては,交通事故に遭われてからできる限り早めにご相談いただいた方が,適切なアドバイスができますのでお早めにご相談ください。

交通事故に関する弁護士費用

1 交通事故に関する一般的な弁護士費用

弁護士費用には,法律相談料,着手金,成功報酬金,実費などの項目があります。

法律相談料は,法律相談をする際に発生する費用で,30分5000円などと定められています。

着手金は,弁護士の依頼する際に必要となる費用で,事件の結果に関わらず,発生する費用です。

成功報酬金とは獲得金が生じた場合など事件の結果によって発生する費用です。

実費は事件処理に必要となる費用で,交通費,切手代,コピー代などがあります。

では,一般的な弁護士費用はいくらするものなのでしょうか。

日本弁護士連合会「市民のための弁護士報酬ガイド」に一般的な弁護士費用の記述があります(回答した事務所を基準に割合を算出しているので,あくまで参考程度となります)。

事例として以下の通りです。

「交通事故に遭われ,重傷を負った被害者から損害賠償請求を依頼された。弁護士の判断として,1000万円程度が妥当であると考えたが,保険会社からの提示額は500万円であったので,訴訟を提起し,その結果,1000万円の勝訴判決を得て,任意に全額回収できた」という事案です。

この場合,着手金を30万円とする法律事務所が49%,20万円とする法律事務所が20%でした。

報酬金については50万円とする法律事務所が35%,70万円とする法律事務所が18%となっています。

2 弁護士法人心の弁護士費用

まず,弁護士費用特約がある場合には,特約をご利用いただけますので,よほどの重傷事案でない限り,ご自身の負担は生じないのが通常です。

また,弁護士費用特約がない場合は,弁護士法人心では交通事故の法律相談を無料で行っており,また,着手金も無料とさせていただいております。

成功報酬金については18万円+獲得金額の8%で行っております。

弁護士法人心は交通事故でお困りの方を全力でサポートいたします。

交通事故でお困りの方はお気軽に弁護士法人心にご相談ください。

交通事故について裁判するのにかかる費用

1 交通事故で裁判になる場合

交通事故は誰にでも起こりうるものです。

交通事故に遭った被害者は,加害者,あるいは,加害者の加入している損害保険会社との間で示談に向けた交渉を行います。

交渉をしても,どうしてもまとまらない場合は,最終手段として裁判という方法があります。

裁判というと,日常生活を送っているととても考えられないようなものに思えるかもしれませんが,誰にでも起こりうる交通事故からも裁判になってしまうことはあるのです。

2 裁判の費用

一口に裁判費用といってもさまざまなものがあります。

まず,裁判を起こすと裁判所に納める手数料が必要となります。

これは請求する金額に応じて変わってきますが,請求額が高額となる事故でなければ,数万円程度に収まることがほとんどです。

次に,予納郵券というものがあります。

これは,裁判所から当事者に送る郵便の切手をあらかじめ納めるというもので,数千円程度になることが多いです。

そして,もっとも皆さんが気になるであろう費用が,弁護士費用かと思います。

裁判を自身に有利な形で進めたいのであれば,弁護士に依頼することは必須だと思います。

弁護士に依頼すれば,弁護士費用はどうしても生じてしまいます。

弁護士費用がどれくらいになるかは,その弁護士ごとに異なります。

正確な金額は実際に相談に行くなどして直接問い合わせるしかありません。

裁判するとなると,弁護士が裁判所に行かなければなりませんし,かなりの量の書面を作成しなければなりませんので,かなりの労力を要します。

労力が増えれば弁護士費用も増えますので,裁判をする場合には,ある程度の費用を要すると考える必要があるでしょう。

裁判を行うかどうかを決断する際は,こうした費用についてもきちんと考慮する必要があります。

3 裁判の費用の負担の問題

訟費用は敗訴者が負担するのだから,交通事故の被害者である自分が払うことはないのではないか,と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし,勝訴した場合であっても,少なくとも裁判費用の一部は支払わなければなりません。

敗訴者負担とされる訴訟費用は,裁判費用のすべてを意味するわけではありません。

例えば,訴訟費用には弁護士費用を含みません。

また,裁判というと,勝ち負けを白黒つける場所だと思われる方が多いかと思いますが,実際のところは,ある程度主張が出尽くしたところで裁判官から和解案が提示され,それを双方が受け入れて終了するというケースがかなり多いです。

この場合は,訴訟費用は各自の負担となることが多いです。

4 裁判費用について弁護士に相談

このように,裁判をするとなると,訴訟費用がかかるわけですが,その費用が具体的にどのくらいになるかは,計算が難しく,弁護士に相談したほうが良いことが多いです。

弁護士法人心では,交通事故の法律相談を無料で受け付けておりますので,裁判にするかどうかお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

弁護士費用特約をご利用いただけます

交通事故で法律的な問題が発生した場合でも,法律事務所への交通事故の相談を金銭的な負担を考えてあきらめる方というのは,多くいらっしゃるかと思います。

その結果,残念ながら交通事故に対して満足いく賠償などを受けることができず,示談に応じてしまってから後悔される方も少なくはありません。

事故の示談が成立してしまってからでは交渉ができない場合もありますので,依頼をされるのであれば,受け入れる前にしておいたほうが良いかと思います。

当法人では,一人でも多くの交通事故被害者の方に満足いく交通事故対応をしていただくため,交通事故のご依頼にあたってのご負担を減らすことにも注力しております。

詳しくは他のページでご説明しておりますが,当法人の場合,弁護士費用特約がついていれば事故に関するご相談にあたってそちらをご利用いただくことが可能ですので,最終的にかかってくる費用に関しても,お客様のご負担というのはとても軽いものとなるかと思います。

ご自身の保険についているものはもちろん,ご家族などの保険についているものも使用していただくことも可能な場合もありますので,交通事故に関して弁護士へのご相談をお考えになっている方は,ぜひ一度保険の方をご確認ください。

こちらを使って弁護士に依頼をしたからといって保険料があがるわけではありませんので,交通事故に関して相談したいとお思いになった時に安心してお使いいただけます。

交通事故に関するご相談

もちろんすべての方の保険に弁護士費用特約がついているわけではありませんが,そのような場合でも心配はいりません。

特約がついていない場合でもお気軽に交通事故に関するご相談をしていただけるよう,「相談料・着手金0円」というのが,私達弁護士法人心の基本的な交通事故案件の料金となっております。

これはつまり「成功しなければ料金が発生することはない」という意味なのですが,これだけ聞くとかえって不安になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

当法人は交通事故被害にあわれた方々に少しでも気軽にご相談をいただき,後から「依頼しておけばよかった」と後悔するのではなく,「依頼してよかった」と思っていただきたいと考えているため,こうしたご依頼いただきやすい料金設定をしております。

もちろん依頼してよかったと思っていただくためには,結果に満足していただく必要がありますので,「安かろう悪かろう」というサービスは行っておりません。

当法人は交通事故チームを結成するなど,弁護士が同分野の案件を集中的に担当できる環境を整え,交通事故に関する研修なども積極的に行い,交通事故案件解決にあたっております。

これまでに多くの交通事故被害者の方にご満足いただいておりますので,安心して皆様の交通事故に関するお悩みをご相談ください。

当法人では,示談金額のチェックや,残念ながら後遺障害が残ってしまった場合の等級診断などのサービスも無料で行っておりますので,交通事故の相手方から示談を提案された方や残念ながら後遺症が残ってしまわれた方などは,こちらもぜひご利用いただければと思います。

問題解決をあきらめない

ご自身の抱える交通事故の問題がとても複雑なものに思え,「どうせあまりうまくはいかないだろう」と最初から弁護士への相談を諦めかけているという方も,中にはいらっしゃるかもしれません。

一見難解に思える交通事故の問題も,お話しいただくことで解決の方法が見えてくる場合があります。

当法人ではこれまでに様々な交通事故案件を取り扱ってきておりますので,複雑な交通事故の問題に関しても解決する自信をもっています。

たとえ他の法律分野が関わる問題であったとしても,当法人の他の分野を担当する弁護士や,同グループの他の士業の意見を聞きながら進めてまいりますので,ご心配はいりません。

最初のご相談で案件解決への見通しをしっかりとご説明させていただきますので,それを聞いてから改めてご契約をお考えになっていただければと思います。

一人でも多くの交通事故被害者の方に問題解決を諦めず,「まずは問題について相談だけでもしてみよう」というお気持ちになっていただければ幸いです。

また,このようにご相談にあたってのご負担が軽いため,交通事故直後からお気軽に対応に関してのご質問もいただけるかと思います。

どんな検査を受けるか,相手方とどのように接するかなど,初期の対応がその後の賠償などにも大きく関わってくる場合がありますので,できるだけ早くからご相談ください。

軽微な交通事故の案件に関してもご相談をお受けできますので,軽い交通事故の場合でも,疑問などがあれば遠慮なくご相談いただければと思います。

もちろん,料金に関してご不明・ご不安な点がありましたらお気軽にお聞きいただけますし,こちらからもしっかりとご説明をさせていただきますのでご安心ください。

交通事故に関してお悩みの方は,まずは0120-41-2403まで,ご予約のお電話をおかけください。

お問合せ・アクセス・地図へ