弁護士と行政書士の権限の違い|交通事故による被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

弁護士と行政書士の権限の違い

  1. 1 弁護士は,交通事故における損害賠償請求,後遺障害の申請等を含め,いわゆる法律業務の全般について代理人になることができます。

    一方,行政書士は,法律の解釈に争いがありますが,少なくとも紛争性がある案件(当事者間で何らかの争いのある案件)については関与することができません。

  2. 2 交通事故との関係では,以下のとおりの違いがあります。
    <弁護士>
    後遺障害申請,示談交渉,裁判等のすべての手続きに関与できる
    <行政書士>
    法律の解釈に争いがあるものの,後遺障害申請について紛争性のない部分についての書面作成のみができ,後遺障害の結果に対する異議申立て,示談交渉,裁判等には関与できないと考えられます。
  3. 3 行政書士に依頼する際には,以上の違いの説明などをしっかり受けてから,依頼することが大切です。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

似ているようで違う二つの士業

交通事故の案件を行政書士に頼もうかと考えている方も,当ページをご覧になっている方の中にはいらっしゃるかもしれませんね。

確かに交通事故の案件に関しても,一部は行政書士が関与することのできるものもあります。

ただ,当ページにありますように色々と制限がありますので,後悔しないためにも,交通事故に関して依頼をする時には,その制限についての説明をしっかりと聞いておくようにしてください。

中には,そういったことを説明せずに,受けられない内容の交通事故案件を受けようとする行政書士もいます。

交通事故の案件について依頼をする時には,きちんと「依頼をして自分の目的は達成できそうか」ということを確認し,それについての説明が納得いくような形でなされないようであれば,一度依頼を見直すことも必要かと思います。

交通事故のお悩みに関しては,中には時間が経ちすぎてしまうとスムーズに解決することが難しくなるものもありますし,失敗してしまってからでは取り返しがつきにくいものもあります。

そのため,状況によって依頼をしなおさなければならなくなったり,失敗して後悔するといったことがないよう,どちらの士業に頼むにしても,依頼をする相手はしっかりと選ぶようにしましょう。

どんなところに頼むか

行政書士に限らず,交通事故の問題に関して依頼をする時には,やはり「交通事故についてきちんとした知識を持った人」に頼むのが大切です。

法律業務とひとことで言っても,交通事故以外にも様々な分野がありますので,他の分野に関しては知識や経験豊富な人であっても,交通事故に関してあまり詳しくないということもありえます。

この分野に関しましては,法律のことだけでなく「むちうち症」などケガに関する知識が必要となることもありえますので,適切な賠償額や後遺障害の認定などを実現するためには,詳しい専門家に頼むようにしましょう。

当法人の場合は担当制を用いているため,様々な分野を深い知識で取り扱うことが可能です。

その中でも交通事故案件は当法人が最も力をいれている分野の一つであり,集中的に担当するチームもおりますので,複雑な交通事故でお悩みの方にも安心してお任せいただけるかと思います。

また,スタッフに関しても交通事故によるケガの後遺症や保険に関して詳しいスタッフが所属しておりますので,そちらとも協力して交通事故被害者の皆様の問題解決に臨むことが可能です。

お問合せ・アクセス・地図へ