弁護士に依頼するメリット|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害者が弁護士に依頼するメリット

弁護士VS保険会社,基準の違い

交通事故の被害者に対し,相手方保険会社は,保険会社独自の基準で損害賠償額を算定してきます。

相手はキチンとした保険会社。

被害者側としては,提示された金額に対し何となく疑問を感じても,「そんなものかな」と受け止めることが多いのではないでしょうか。

しかし,この保険会社基準の額が,一般的に被害者が満足いくようなものかというと,そうではありません。

前にも述べたように,保険会社は自社の負担が少なくなるように,色々と考えてくるものだからです。

それに対して,弁護士は,過去の裁判例を参考にして作成された「裁判所基準」をもとに交渉します。

この裁判所基準は,保険会社の基準に比べ被害者にとって有利になっていますので,弁護士に依頼することによって,より多く,かつ正当な損害賠償を受けられることが期待できます。

治療費,休業損害,後遺障害etc…

このような基準の違い以外にも,注目すべき点はたくさんあります。

「損害賠償額の算定」の項目で詳しく述べますが,交通事故の損害賠償には,治療費,入通院に対する慰謝料,休業損害に対する賠償,後遺障害に対する慰謝料,後遺障害による逸失利益に対する賠償など,さまざまな要素があります。

例えば,相手方の保険会社から,「通院を止めてください」と言われたり,「治療費の支給を打ち切ります」などと通告されたりすることは,往々にしてあることです。

しかし,まだ治療の必要があるのにも関わらず,保険会社から一方的に判断されるのは理不尽です。

また,逸失利益の算定には,被害者の収入や,どの程度働く能力が失われたか等が問題になりますが,これらが不当に低く見積もられてしまうと,満足な賠償を受けることができなくなってしまいます。

そこで弁護士は,こうした各項目が実情に合わせて正当に算定されるよう,目を光らせて交渉にあたります。

訴訟という手段も

こちらが主張する損害額を相手方がどうしても認めず,交渉が決裂してしまったら,どうすればいいのでしょうか。

調停やあっせんといった手段もありますが,どうしても解決が見込めない場合には,訴訟を起こすことになります一般の方が自分で訴訟を起こし,裁判所に通って自らの主張を通すのは至難の業ですので,こうした場合に弁護士に依頼するのは,大きなメリットがあると言えます。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

迷った時にご覧ください

こちらでは,交通事故による問題解決を依頼するメリットについて,簡単にご説明しております。

交通事故に関して問題を抱えているものの,まだ依頼をしようか迷っているという方がいらっしゃいましたら,こちらをご参考にしていただきたいと思います。

まだ依頼をしようかどうしようか迷っている段階でも,まずはご相談いただくことで問題解決の見通しなどを示させていただくことが可能です。

そして,交通事故に関して依頼をすることをためらう理由が金銭面のことであれば,当法人の場合はそのご不安を減らすことができるかと思います。

皆様の,あるいはご家族のご加入されている保険に「弁護士費用特約」がある場合,金銭的なご負担を大幅に減らす,あるいはなくすことが可能です。

弁特については,当サイトの「お役立ち情報」や「費用」のページの中にもいくつかご説明がありますので,そちらもご覧いただければと思います。

特約がついていなかった場合でも,交通事故に関しては相談料と着手金が原則無料となるようにしておりますので,お気軽に交通事故に関するお悩みや疑問をお話しいただくことが可能です。

一人でお悩みになることにより,解決できるはずの問題が解決できないまま終わってしまう,ということもあるかもしれません。

ぜひ一度,当法人にお話しになってみてください。

お問合せ・アクセス・地図へ