交通事故に強い弁護士に今すぐ相談|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故強い弁護士に今すぐ相談

はじめに

私たちは,交通事故に遭ったら,被害者様が自力で解決するよりも,交通事故に強い弁護士に,すぐに相談していただきたいと考えています。

その方が,結果的に,被害者様のよりよい救済につながると考えるからです。

私たちがそのように考えている理由の一端をご紹介します。

そもそも弁護士に頼む必要はあるのでしょうか

多くの被害者様にとって,事故に遭うこと自体が初めての経験です。

一方,保険会社は,日常的に事故を取り扱っていることから,被害者様に比べて,膨大な知識や経験を持っています。

そのため,多くの被害者様は,保険会社の担当者が言うままに,流れに任せて解決に至るしかないというのが現実です。

ところが,多くの場合,保険会社による補償は不十分であると言わざるをえません。

営利企業であるという性質上,保険会社は自らの出費を抑えたいというのが本音ですから,これはある意味当然の成り行きです。

そのため,適正な賠償を得るべく,被害者様が保険会社と対等に交渉してゆくためには,専門的知識や経験を武器とする弁護士に依頼することが必要となるのです。

弁護士なら誰でもいいのでしょうか

「これだけ多くの事故が起きているのだから,弁護士なら誰でも,事故の扱いには詳しいはずだ。」と考えがちかもしれませんが,それは誤解です。

きちんと解決するためには,民法等の法律知識のほかに,自賠責保険,任意保険,労災や健康保険といった社会保険等の仕組みや実務上の扱い等について,深く理解していなければなりません。

また,治療費打ち切りや,後遺症認定手続に備えて,診断書やカルテ等の記載に目を配る必要があるため,医療現場の実情についても知っておく必要があります。

このように,交通事故は,幅広い分野にわたる深い理解や経験が必要とされる特殊な分野なのです。

多くの弁護士は,訴訟に至った場合の手続きについては詳しいのですが,被害者様にとってもっとも大切な,事故直後の段階から関与できる弁護士は,まだまだ少数派であるというのが現状です。

そのため,弁護士なら誰でもいいというのではなく,ご自身にとって必要な段階から関与できる知識,経験を身に付けた,事故に強い弁護士を選ぶ必要があります。

いつ相談すればいいのでしょうか

多くの方は,裁判沙汰になってから弁護士に依頼すればよいと考えていらっしゃるかもしれません。

しかし,なるべく早い段階で弁護士に依頼するのが望ましいといえます。

前に述べましたとおり,保険会社は営利企業であるため,可能な限り,保険金の支払いを抑えようとします。

そのため,まだ治療が必要な状態であるにもかかわらず,治療費の支払いを打ち切ったり,慰謝料等の金額を低い基準で提示して,示談を迫ってきたりすることが多々あります。

弁護士が早い段階で関与できていれば,保険会社に治療の必要性を説明して治療費の打ち切りを延期する交渉をしたり,示談金額が適正かどうかチェックしたりすることができます。

また,仮に裁判になったとしても,早い段階から被害者様とコミュニケーションをとれている方が,より適切な弁護活動を行うことができます。

そのため,事故に遭われたら,なるべく早い段階で,弁護士に相談することが望ましいのです。

おわりに

当法人は,被害者様にとって最も大切な,事故直後からのサポートを得意としております。

電話による相談も承っておりますので,事故に遭われた際は,ぜひお早めにご一報ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ