経済的利益とは?交通事故を弁護士に依頼した場合

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

経済的利益とは?交通事故を弁護士に依頼した場合

1 経済的利益について

  1. ⑴ 経済的利益とは,いろいろな考え方が存在するのですが,例を出してご説明させていただきます。
  1. ⑵ 請求する側で考えますと,例えば,500万円を請求する場合には,500万円が経済的利益となります。

    もっとも,事前に相手方が200万円は支払うという合意ができていたとすれば,300万円(=500万円―200万円)が経済的利益と考えることもできます。

  1. ⑶ 他方,請求されている側から考えてみますと,例えば,500万円請求されているとします。

    そして,200万円まで減額に成功したとすれば,300万円が経済的利益と考えることになります。

2 着手金の場合

では,着手金について考えてみましょう。

  1. ⑴ まず,着手金とは,事件又は,法律事務(以下,「事件等」という。)の性質上,委任事務処理費用の結果に成功不成功があるものについて,その結果のいかんにかかわらず受任時に受けるべき委任事務処理の対価です。

    簡単にいいますと,事務手数料みたいなイメージです。

    要は,相手方と交渉を始めるにしても,その前提として情報収集をする必要がありますし,情報を収集したらそれを分析して,主張を組立ててから,相手方に請求していくという過程があります。

    訴訟を提起するとした場合には,訴状作成や証拠資料の作成も必要となってきます。これらは,相手方との交渉に全面的に勝とうが,全面的に負けようが,必然的にかかってくる時間,労力等のコストといえます。

    これらのコスト分を着手金として弁護士は依頼者の方から,原則として,契約時に受領することになります。

  1. ⑵ 交通事故等の被害者の場合,相手方に損害賠償請求していく金額が,例えば,500万円だとしますと,旧日弁連基準(経済的利益の5%+9万円)で計算しますと,34万円(税別)となります。

    もっとも,事前に相手方から150万円は支払うという提案がある場合には,350万円(=500万円―150万円)を経済的利益と考えて計算する場合もあります。この場合,着手金は26万5千円(税別)となります。

3 成功報酬金について

  1. ⑴ 報酬金とは,事件等の性質上,委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて,その成功の程度に応じて受ける委任事務処理の対価をいいます。
  1. ⑵ 例えば,相手方から1000万円の解決金を受領した場合には,旧日弁連基準(経済的利益の10%+18万円)で計算しますと,118万円(税別)が成功報酬金となります。

    もっとも,弁護士介入前に,事前に相手方から300万円は支払うという提案があったとした場合には,経済的利益を700万円(=1000万円―300万円)として計算し,88万円(税別)を成功報酬金とする場合もあります。

4 ケースバイケース

経済的利益の考え方は事件類型によって様々です。

また,例えば,交通事故の中でも,このケースではこう考えるが,あのケースでは違うように考えるという場合もあります。

経済的利益の考え方や,着手金・成功報酬金等の弁護士費用については,契約前にしっかりと担当弁護士から説明を受けておくことをお勧めいたします。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ