損害保険会社からの治療費の打ち切り|交通事故による被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

損害保険会社からの治療費の打ち切り

損害保険会社は,一定期間を過ぎると,治療費の打ち切りをしてきます。

まだ痛みがあったりして通院の必要性があるのに,保険会社から治療費の打ち切りの話をされた場合の対応には注意が必要です。

そのような場合には,迷わず,交通事故に精通している弁護士に相談することをお勧めいたします。

仮に,私たちがご相談に乗らせていただいた場合には,医師に治療の必要性があることの意見書を作成してもらうなどし,治療費の打ち切りを伸ばせる方策をとります。

それでも,治療費の打ち切りがなされた場合には,第三者行為による傷病届を提出し,治療の必要性がある限りは,健康保険を使って治療を継続する必要があります。

まだ痛みがあっても,治療の打ち切りなどの保険会社の圧力に屈して通院をやめてしまうと,それだけで完治したとされ,示談交渉等で決定的に不利になるので,注意が必要です。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

必要なぶんの治療を受けるために

「むちうち症」などのケガにより通院をされている方の中には,当ページのような「治療費の打ち切り」について,心配をされたり,今まさに悩まれている方も多いかと思います。

交通事故にあい,まだ痛みがあるにも関わらず,保険会社の担当者から「そろそろ通院は……」ということなどを言われてしまったら,どう対応したらいいかわからなくなってしまう方も多いかと思いますし,中には言われるまま症状を我慢して交通事故の通院をやめてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

症状があるのに無理をしてしまうと,その症状が悪化したり,慢性化したりしてしまうということもあるかもしれません。

そのようなことにならないよう,治療費の打ち切りについて働きかけがあった場合には,交通事故のケガの痛みなどがある以上は通院をあきらめず,通院をやめる前に当法人までご相談ください。

当法人は交通事故に関する案件を解決することに力を入れておりますので,交通事故案件の経験が豊富です。

その中には,当ページのような交通事故によるケガの治療の打ち切りに関する問題も数多くありました。

交通事故被害者の方の「必要な治療を必要なぶんだけ受けたい」というお気持ちをしっかりと理解し,解決に当たらせていただきますので,交通事故の治療費の打ち切りでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

交通事故にあわれたばかりの方も

また,まだ実際に保険会社から通院をやめるよう言われたわけではないけれどそのうち言われそうで不安だ,という方も,あらかじめ当法人にご相談いただくことが可能です。

当法人では,交通事故にあったばかりの方のご相談も,積極的に承っております。

交通事故に関しては,万が一の時のことを考えて受けておいたほうが良い検査や,誤解を生まないための保険会社との接し方など,早い段階から当法人の方でアドバイスをさせていただけることが色々とありますので,何か「あの時ああしておけば」というようなことが生じてしまう前にご相談いただくのも良いのではないでしょうか。

当法人は交通事故の案件に関して相談料・着手金が原則無料など,交通事故にあったばかりの方でもお気軽にご相談いただきやすい環境を整えております。

交通事故にあわれて何らかの不安や疑問,納得のいかないことがある方は,ぜひお早めに,フリーダイヤル0120-41-2403にてご相談のご予約を入れてください。

お問合せ・アクセス・地図へ