ムチウチにおける通院の重要性|交通事故による被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

ムチウチにおける通院の重要性

ムチウチ(頚部痛,頚椎捻挫などの診断名がつく)においては,自覚症状としてはとても酷いのに,医学的に証明できないことが多々あります。

また,後遺障害の認定の基準については,後遺障害認定機関である「損害保険料率算出機構」の内部では詳細に定められているようですが,その詳細までは公表されていません。

私たちは,後遺障害の申請に特に力を入れており,数多くの経験から、「損害保険料率算出機構」が持っているであろう内部基準を,相当程度,詳細まで推測し,後遺障害のアドバイス等をしていますが,損害保険料率算出機構が詳細な基準をあえて公開していないと思われることから,私たちが,ここでその詳細を明かすことは差し控えるべきであると考えています。

ただし,ムチウチについて,後遺障害の認定をする際に,「損害保険料率算出機構」が特に通院状況を重視していることは間違いありません。

そのため,痛みがまだ酷いのに,保険会社からの治療費打ち切りなどにより,通院を辞めてしまうことのないように注意が必要です。

また,一部のホームページや書籍等で,半年通院したら後遺障害が取れるとか,100日間通院したら後遺障害が取れるなどといっているものがあるようですが,いずれも間違いですので,そのような誤った情報に惑わされないことも重要です。

さらに,通院の必要性が医学的にないにもかかわらず,慰謝料を増やすとか,後遺障害を取るなどの目的で通院し,保険金請求することは,詐欺罪になる可能性がありますので ,十分な注意が必要です。

正確な知識がありませんと,ムチウチの通院の必要性や後遺障害の認定基準の判断は難しいと思いますので,ぜひ,お早めにご相談いただくことをお勧めいたします。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

適切な通院

こちらのページでは,交通事故のケガの中では有名な「ムチウチ」における通院の重要性について,ご説明をしております。

ムチウチでの通院は,ムチウチの症状の改善を目指すうえではもちろん,万が一後遺症が残ってしまった時,それを適切に認定してもらう上でも重要となる場合があります。

当ページにもありますように,通院はあくまで痛みなどの症状がある時にそれを改善する目的で,適切に行うようにしてください。

そして,ケガの症状がひどく,それらがきちんと治るよう適切に通院をしたいという方,後遺症が残ってしまったため適切に認定されるようにしたいという方は,ぜひお早めに当法人までご相談ください。

当法人では,一人でも多くの被害者の方々に適切な賠償を受けていただくため,交通事故や後遺症の申請を集中的に担当するチームを結成し,交通事故被害者の方々の問題解決にあたっています。

当法人のこれまでの実績に関しましては,「解決実績」のページをご覧になってください。

ご自分の症状と照らしあわせてご覧いただけるかと思います。

交通事故被害者の方々のお気持ちを大切にして事件解決に尽力させていただきますので,お気軽にご相談ください。

交通事故から間もないタイミングでのご相談でも,早い段階ならではのアドバイスをさせていただけるかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ