弁護士費用特約が使える範囲|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

弁護士費用特約が使える範囲

1 弁護士費用特約とは

交通事故の被害にあわれてしまった場合に,ぜひ確認してほしいのが弁護士費用特約への加入の有無という点です。

弁護士費用特約とは,交通事故にあってしまった場合に,相手方と示談交渉を行ったり,裁判を行ったりするにあたって,弁護士に依頼する費用を保険会社が負担してくれるというものです。

特約の上限額(300万円ということが多いようです)までであれば,弁護士費用を実質的に負担することなく弁護士に依頼することができるのです。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼した方が適切な賠償を得やすいため,弁護士に依頼することをおすすめします。

ですので,交通事故にあわれてしまったときにはまず弁護士費用特約の有無を確認してほしいと思います。

2 弁護士費用特約はどのような保険に附帯しているか

弁護士費用特約は,一般的に損害保険に附帯していることが多いですが,生命保険や火災保険など,その他の保険に附帯していることもありますので,ご確認いただければと思います。

また,ご自身の保険ではなく,配偶者や両親の保険に附帯されている場合でも特約を利用できることがあります。

実際に利用できるか否かは,約款によって異なるため,保険会社に問い合わせなければなりませんが,利用できる場合とできない場合での費用の負担の違いは大きいので,ぜひご確認ください。

3 弁護士費用特約が使える範囲

弁護士費用特約は,事故の相手方との示談交渉や訴訟行為を弁護士に依頼する際の費用を保険会社が負担するというものです。

費用とは,弁護士報酬に限ったものではなく,弁護士が業務を行うにあたり生じる実費についても含まれますし,調査会社などの専門機関に弁護士が依頼する費用も基本的には含まれます。

ただ,労災への請求手続などは,事故の相手方とのやり取りではなくなるため,弁護士費用特約で依頼できる範囲外となります。

また,弁護士費用特約は上限額が300万円となっていることが多いので,これを超える場合には,一部,ご自身で負担いただく必要があります。

しかし,弁護士費用が300万円を超えるケースというのはまれですので,かなり重大なお怪我をされた事故でなければ,基本的には自己負担ゼロで弁護士に依頼できると考えて大丈夫です。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ