交通事故で自賠責保険を活用するケース|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「保険」に関するお役立ち情報

交通事故で自賠責保険を活用するケース

1 自賠責保険について

交通事故で自賠責保険を活用するケースについてご説明する前提として,自賠責保険とは何かについて説明したいと思います。

自賠責保険も,損害保険の一つであり,交通事故の被害者が被った損害について,加害者が負う損害賠償義務について掛けられている保険です。

自賠責保険は,加入が法律で義務付けられている,強制加入の保険となります。

自賠責保険の具体的な利用のされ方としては,交通事故の加害者にお金がなくて被害者にすぐに治療費などを払えない場合などに被害者から請求を受けた自賠責保険が,直接被害者に保険金を支払う場合(被害者請求)や,交通事故の加害者が被害者に対して治療費等の損害賠償を行った後,その賠償を行った範囲について自賠責保険にたいして保険金の支払いを請求する場合(加害者請求)があります。

2 加害者が任意加入の自動車保険に加入している場合

もっとも,実際の交通事故事件では,加害者が任意に加入している自動車保険会社の対人賠償責任保険から,治療費や慰謝料等の賠償金が支払われることが多いです。

この場合,被害者が直接,自賠責保険にたいして保険金の支払いを請求する必要はなくなります。

3 交通事故で自賠責保険を活用するケース

反対に,加害者が任意保険に加入していない場合や,妥当な治療期間や過失割合をめぐって,被害者と加害者で見解が対立して,加害者の任意保険会社が治療費等の支払いに応じない場合などには,被害者が被害者請求の制度を活用して,自賠責保険に対して直接,保険金の支払いを請求することが有益です。

4 被害者請求の具体的な手続きについて

なお,被害者請求を行うには,専用の書式を集めるなど,煩雑な作業を行わなければなりません。

被害者の方,ご自身で行うこともできないわけではありませんが,よりスムーズに手続きを進めるためには,被害者請求の手続きを弁護士に依頼するのも一つの方法です。

交通事故で,加害者が治療費の支払いに応じてくれない等のお困りの方は,一度,弁護士まで被害者請求についてご相談いただければ幸いです。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア