事故被害者の方の過失割合・過失相殺に関するご相談|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

事故被害者の方の過失割合・過失相殺に関するご相談

1 「過失」や「過失割合」とは

交通事故の被害に遭われた方が,加害者側の保険会社に損害賠償金の支払いを求める場合,よく被害者側と加害者側の「過失」や「過失割合」が問題になります。

「過失」とは,注意義務違反のことをいいます。

「過失割合」とは,被害者側と加害者側が,それぞれどの程度の注意義務違反を行ってしまったか,という相対的な割合のことです。

被害者側と加害者側では,この過失割合をめぐって争いになることがよくあります。

なぜなら,過失割合がほんの少し異なるだけで,被害者が受け取ることのできる損害賠償金額,加害者側が支払わなければならない損害賠償金額が大きく異なるからです。

具体的には,次の「過失相殺」の項で説明いたします。

2 「過失相殺」とは

被害者側に過失がある場合,過失割合に応じて,被害者が加害者に対して請求できる損害賠償の金額は,「過失相殺」されることになります。

例えば,交通事故によって,被害者には1000万円の損害が生じている事案で,被害者に過失が30パーセントあり,加害者に過失が70パーセントあったとします。

この場合,被害者が加害者側から受けられる損害賠償額は,700万円になります。

被害者側の30パーセントの過失は,損害賠償額から相殺されるのです。

つまり,被害者と加害者のそれぞれに認められる過失割合が10パーセント異なるだけで,被害者が受け取ることができる損害賠償の金額は大きく増減してしまうことになるのです。

3 「過失」が争点となった場合について,損害賠償金額以外の不利益とは

また,過失割合が争われていると,被害者の方が治療のため通院している場合でも,加害者側の保険会社は,被害者の治療費すら支払ってくれず,被害者の方が病院に通いたくても経済的な理由から通うことができない,という状況に追い込まれることもあります。

4 弁護士法人心の必要性とは

保険会社も,過失割合がほんの少し異なるだけで,支払わなければならなくなる損害賠償金額が大きく異なるため,必死で交渉してきます。

そのような保険会社に対して,被害者の方が単独で有利に交渉をすすめることは困難と言わざるを得ません。

私たち弁護士法人心では,ご相談にお越しいただいた交通事故被害者の方のお悩みや事故時の状況を親身になって聞き取り,過去の裁判例や当法人で解決してきた解決事例の蓄積・経験を用いて,交通事故被害者の方の代わりに保険会社と交渉するなど,全力でサポートいたします。

交通事故に遭われた方は,ぜひ,当法人にご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

大きな影響があるかもしれません

こちらのページでは,交通事故の相手方から支払われる損害賠償金が大きく変わる場合がある「過失」についてご説明しております。

こういったことに関しては,何も知らずにいるといつの間にか不利な立場になってしまい,交通事故に対して適切な賠償を受けられないということもあるかもしれません。

交通事故にあわれた方でこういった問題に直面されている方,あるいは直面するおそれが少しでもある方は,ぜひこちらをお読みになってください。

そして,交通事故に関して疑問や不安,問題が少しでもあるようなら,ぜひお早めに当法人にご相談ください。

当法人は交通事故に特に力を入れているため,これまでにも数多くの交通事故を取り扱っておりますし,交通事故に関する研修も積極的に行っております。

そのため,皆様の抱えている交通事故の問題が複雑な問題や難しい問題であったとしても対応させていただくことが可能です。

交通事故の被害にあわれた皆様のお気持ちをしっかりと考え,全力でサポートをさせていただきますので,安心してご相談いただければと思います。

交通事故の問題に関しては全国対応させていただきますので,まずはフリーダイヤル0120‐41‐2403からご予約ください。

交通事故に関してじっくりとお話をお聞きしたあと,解決の見通しなどについてしっかりとご説明をさせていただきます。

お問合せ・アクセス・地図へ