過失相殺とは|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故における過失相殺とは

責任の割合によって賠償額が減額される

交通事故は,当事者の誰かに落ち度(過失)があって発生するものです。

どちらかに一方的に悪い場合なら話は単純ですが,どちらにも過失がある場合,一方が全面的に相手への損害賠償を負担するのは不公平です。

そうした場合,事故に対してお互いにどれくらい責任があるかの割合(過失割合)にそって,賠償額を減らすことになります。

これが過失相殺です。

例えば,ある被害者の損害が2000万円となった場合,この被害者が事故に40パーセントの過失があるとすると,この40パーセント分が減額され,1200万円が支払われることになります。

この過失割合は,過去の裁判などを参考に,事故の当事者が四輪か,二輪か,自転車か,あるいは歩行者かの別や現場の状況などによって,ある程度定式化されています。

ただし,過失割合の認定は賠償額を左右する重要な要素ですので,示談の際に争点となりやすい面もあります。

相手方の提示した過失割合に納得がいかない場合には,弁護士に相談することをお勧めします。

自賠責の場合

自賠責は,事故の被害者に最低限の補償をするという性質上,被害者に過失があっても,過失相殺されないことになっています。

ただし,被害者側に重大な過失があった場合は「重過失減額」という名目で減額されます。

重過失減額では,被害者側に70パーセント以上の過失があった場合,20パーセントから50パーセントが減額されますので,任意保険の過失相殺よりも被害者に有利となっています(ただし,被害者の過失割合が100パーセントの場合には,支払われません)。

損益相殺とは

交通事故の被害者となった場合,状況によっては,労災保険などから給付を受ける場合があります。

こうした場合,被害者が利益を受け取りすぎることを防ぐため,すでに受け取った利益を,保険金から差し引く場合があります。

これを損益相殺といいます。

ただし,相殺されるものとされないものについては必ずしも明確な基準があるわけではないので,疑問があれば専門家に相談するべきです。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故における過失

こちらでは,「過失相殺とは」というテーマで交通事故に関するお役立ち情報をご紹介しております。

こちらに掲載しております過失相殺というものは交通事故の賠償額を決めるときに大きく影響しますので,もしも交通事故の相手方の提示に納得がいかないようであれば,そのままにせずしっかりと交渉することが大切です。

また,こちらのページでは,過失相殺のことだけでなく交通事故の状況によってはもらえる「給付」に関する「損益相殺」についてもご紹介をしております。

これについて知らないと,保険金が引かれたことに対して驚くことになってしまうかもしれません。

当法人はこれまでに様々な交通事故案件の解決に携わっておりますし,交通事故に関する研修もしっかりと行っておりますので,交通事故の過失相殺に関する知識も豊富です。

交通事故案件を集中的に担当してきた「交通事故チーム」が皆様の案件に関しても全力で取り組ませていただきますので,相手方から示された過失割合に関して納得がいかない方,その他交通事故について悩んでいることやわからないことがあるという方は,そのままにせずぜひ当法人までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ