交通事故の過失割合について弁護士に依頼するメリット|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の過失割合について弁護士に依頼するメリット

1 過失とは

交通事故は,その当事者の行為が重なり合って,起こるものです。

その事故の原因となった当事者の行為が過失といわれるものです。

そして,事故ごとに,その原因割合があり,それを過失割合と言います。

過失割合については,一般的に,「追突事故の被害者は過失がない」であるとか,「双方とも動いている事故では,その被害者でも過失割合は0にならない」などと言われています。

これらの考えは,よく耳にするものであり,確かにこのような考えに当てはまる事故も数多く存在しますが,決して全てというわけではありません。

2 過失割合の判断の目安

それでは,過失割合はどのように判断されるものなのでしょうか?

基本的には,示談段階では双方の話し合い,裁判では裁判官の判断によって決するものです。

もっとも,その決定には目安が必要となってきます。

そこで,たびたび示談や裁判において判断材料にされるものが,別冊判例タイムズ38号(東京地裁民事交通訴訟研究会編)という書籍です。

別冊判例タイムズ38号においては,過去の判例・裁判例をもとに338種の事故類型を掲載し,それぞれの形態ごとに基本となる過失割合を定めています。

そして,基本となる過失割合を定めた上で,代表的な過失の修正要素を掲載し,各類型ごとの個別事情に対してもある程度対応できるようになっています。

そのため,この書籍を目安として,示談交渉や裁判では過失割合を判断されることが多くなっています。

3 過失がある場合に弁護士に頼むメリット

もっとも,判例タイムズ38号があれば全てが解決するというわけではありません。

交通事故の態様には様々なものがあるため,判例タイムズ38号だけでは判断することは難しく,別途,類似事案の裁判例を探し出し,交渉や裁判にあたらなければならないこともあり,交通事故に精通した弁護士でなければ適切な主張ができないこともあります。

また,判例タイムズ38号に典型的な類型が定めてあるとしても,当該事故がどのようなものであったかについて,事実自体に争いがあることも多くあります。

事実に争いがある場合に,こちらに有利な事故態様であったことを立証するためには,事故の当初から,様々な証拠の収集を行い,必要な証拠は選別するなどして,示談や裁判に備えることが必要となります。

そのため,過失がある場合には,交通事故に精通した弁護士に事故の当初から相談し,示談や裁判に備えることが必要となってきます。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

過失割合の修正要素と弁護士への依頼

1 過失割合について

弁護士にご相談いただくことが多いものの1つとして過失割合があります。

交通事故における過失割合は,事故状況応じて決められます。

実際に過失割合を考える際には,多くの場合,別冊判例タイムズの記載を基にします。

別冊判例タイムズには,車対車か車対歩行者か等の両当事者の状態,どのような場所での事故か,信号の有無・色,どのような衝突方法か等の事故の形態に応じた基本的過失割合と,細かい事情に基づく修正要素が記載されています。

これに応じて,個別の事故の過失割合を考えるのです。

ここでは,過失割合の修正要素としてどのようなものがあるのかについてご説明させていただきます。

2 過失割合の修正要素

⑴ 道路の状況に注目した修正要素

道路の状況に注目した修正要素としては,例えば,事故が「夜間」で見通しが悪い状態であったか等が考慮されます。

「夜間」とは,日没時から日出時までの時間をいい,この時間における事故は,見通しが利かない前提で,当事者が慎重に行動する必要があるとして,過失割合の修正要素となっています。

⑵ 道路の性質に注目した修正要素

例えば,「幹線道路」での事故については,基本的に幹線道路を走る側に有利なように過失割合が修正されます。

「幹線道路」にあたるか否かは,各地の道路状況,交通事情等から常識的に判断されるところであるが,歩行道の区別があって,車道幅員がおおむね14メートル以上で,車両が高速で走行し,通行量の多い国道や一部の都道府県道が想定されています。

⑶ 当事者の性質に注目した修正要素

例えば,歩行者が「児童・高齢者」「幼児・身体障害者等」であるか,運転者が「初心者マーク等」を付けているかが修正要素となります。

当然これらの者については,交通弱者であったり運転な不慣れであったりすることがわかるので,相手方当事者もその動向を注意して運転等する必要があるとして,修正がなされます。

⑷ 抽象的な修正要素

抽象的な修正要素として,「著しい過失」「重過失」があります。

「著しい過失」としては,前方不注意や,携帯電話などの無線通話装置を通話のために使用したり,画像を注視したりしながら運転する場合が,「重過失」としては,酒酔い運転や無免許運転の場合が例として挙げられます。

3 過失割合について弁護士へ依頼

以上のように,交通事故の過失割合は,事故状況に応じて異なってくるため,具体的な状況に基づいてしっかりと主張・立証していくことが重要です。

ここは結果に大きな影響を与える可能性がある部分ですので,交通事故に詳しい弁護士に依頼することをおすすめします。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ