交通事故の過失割合に納得いかない−交通事故弁護士に相談

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の過失割合に納得いかない-交通事故弁護士に相談

1 交通事故の過失割合とは

交通事故における過失とは,不注意ないし落ち度のことを指します。

加害者に過失があるのは当然ですが,被害者側にも一定程度の過失が認められる場合があります。

すなわち,交通事故の過失割合とは,被害者と加害者との間で,お互いにどれほどの不注意ないし落ち度があったのかを,数値化して示す割合のことをいいます。

そして,損害額全額から,被害者の過失分を減額することを,過失相殺といいます。

2 過失相殺はどのようになされるのか

過失相殺は,個別具体的な事情を検討して,加害者と被害者双方にどれだけの落ち度があったのかにより決定されるのが本来の考え方です。

もっとも,交通事故のように,発生状況を類型化することができるものについては,これまでの裁判例の蓄積から,概ね過失相殺率を推定することができます。

そのため,実務上は,東京地裁民事交通訴訟研究会編の『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』(別冊判例タイムズ38号)に論じられているところを基本としつつ,個別の事案に応じて修正要素の有無等を検討して,相当な過失相殺率を決めていくという方法が採られています。

3 過失割合が及ぼす影響

過失相殺率は,被害者に生じた損害の全てに対して適用されることになります。

そのため,過失相殺が問題となる事案の場合は,被害者に生じた損害の全てを確定し,これに過失相殺率による減額が行われることになります。

被害者に生じた損害には,治療費も含まれます。保険会社が一括対応中の場合は,保険会社が治療費の全てを支払っているため,治療費にも過失相殺率が関係してくるということに考えが及びにくいのですが,この点には注意が必要です。

たとえば,被害者の過失相殺率が30%である事案では,治療費のうちの30%は自己負担となります。

そのため,被害者の過失割合が高いと見込まれる事案では,治療費が大きくなると被害者の負担が増えてしまう関係にあるため,健康保険や労災を使用して負担を軽くするなどの工夫が必要になります。

4 過失割合に関する不満を解決するには

保険会社は,事故発生後の早い段階から過失相殺率を提示してきます。

特に,人損だけでなく物損も生じている場合は,物損を早期解決したいという担当者の思惑から,かなり早い段階で提示がなされることになります。

事故直後は,事故の全容が明らかとなっていないことがほとんどですので,保険会社は,多くの場合,前記の別冊判例タイムズの基準を,何の修正も施さずに提示してきます。

このとき,その提案を受け入れてしまうと,保険会社は人損についても強硬にその過失相殺率を主張してきます。

適切な過失相殺率を決めるには,保険会社の調査資料や,実況見分調書等の捜査資料を取り寄せ,細かく検討する作業が欠かせません。

そのため,過失相殺率に関する不満を解決するためには,交通事故に長けた弁護士等の専門家に依頼することが必要なのです。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ