交差点での交通事故の過失割合−交通事故弁護士に相談

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「過失」に関するお役立ち情報

交差点での交通事故の過失割合

1 過失割合とは

交通事故の過失割合とは、交通事故による損害について,誰にどの程度の責任があるかという割合のことをいいます。

過失割合は,物損の金額や怪我の程度,相手の態度等とは関係なく,具体的な事故態様に基づき,過去の裁判例等を参考に決められます。

類型的な事故態様の場合,裁判例の集積により作られた別冊判例タイムズ№38という書籍があり,それをもとに基本的過失割合を決めたあと,修正要素があれば個別に修正を行って過失割合を決定します。

2 交差点での過失割合

交差点での事故としては,直進車同士の出会い頭事故や,直進車と右折車との事故などが多いです。

ここでは,その中でも多い直進車と右折車の事故の過失割合についてご説明いたします。

道路交通法37条で,交差点で右折する車両は,その交差点で直進しようとする車両の進行を妨害してはならないとされています。

そのため,直進車と右折車が衝突した場合,過失割合は直進車に有利となり,どちらも青信号で交差点に進入して衝突した場合の基本的過失割合は,直進車:右折車=20:80となります。

ここから,具体的事情に基づき修正がなされ,例えば直進車に15km以上の速度違反があれば直進車に+10,右折車がウインカーを出すことなく右折した場合は直進車に-10などといった修正が行われます。

3 過失割合につき弁護士に依頼するメリット

当事者双方に任意保険会社が付いている場合,過失割合は双方の保険会社の担当が,上記の別冊判例タイムズ№38等を参考にして検討します。

ところが,すべての事故態様が別冊判例タイムズ№38に記載されているわけではありませんし,これに記載されていない修正要素を考慮してはいけないわけでもありません。

そういった場合に,保険会社に任せきりにしていると,本当は考慮すべき修正要素があるにもかかわらず見過ごされたままになったり,一見似てはいるが異なる類型の事故態様の過失割合を適用されたりといった事態が起きる可能性があります。

そういった場合に,弁護士へご相談いただくことで,より適切な過失割合で交渉を進めることができる可能性があります。

4 交通事故の過失割合でお悩みの方は弁護士法人心へ

弁護士法人心は,交通事故を集中的に扱うチームを設けており,これまでに多くの交通事故の案件を解決してきた実績のある弁護士が多数在籍しておりますので,保険会社から提示された過失割合に納得がいかないといった事案でも,過去の裁判例等を踏まえた適切な判断が可能です。

交通事故で過失割合に納得がいかないという方は,弁護士法人心へご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア