事前認定と被害者請求について−弁護士に相談|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

事前認定被害者請求について-弁護士に相談

1 後遺障害とは

後遺障害が認められると,相手に,慰謝料や逸失利益を請求することができます。

しかしながら,交通事故による体の不調,いわゆる後遺症が残っているだけでは,損害として請求しても,賠償が認められない可能性が高いのです。

それでは,簡単に,後遺症と後遺障害の違いを説明しましょう。

交通事故により,傷害を負ってしまったならば,まず治療をすることになります。

治療を行うことで,だんだんと傷は癒えていき,最終的には完治ということになります。

しかしながら,いくら治療を続けても,症状の改善が見られず,体の不調が残ってしまうことがあります。これを「後遺症」というわけです。

そして,この後遺症について,損害保険料算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所により,等級の認定がされたものを「後遺障害」と言います。

つまり,交通事故により発生した損害として,相手に賠償請求をするためには,後遺症が残っているだけではなく,自賠責損害調査事務所による認定を受けなければならないわけです。

2 後遺障害の等級認定の流れ

自賠責損害調査事務所による認定を受けるための申請の手続きは2つあります。

それが,事前認定と被害者請求とよばれるものです。

自賠責損害調査事務所による判断は,原則として書面で行われます。

そして,事前認定とは,保険会社を通じて,自賠責損害調査事務所に書面や検査結果などのわかる資料を提出する方法です。

ですから,被害者は,保険会社が認定のために必要な資料を全て提出しているかどうかを確かめることができません。保険会社は,被害者に高い等級が認定されれば,それだけ多くの賠償をしなければならないことから,必ずしも,等級認定のために必要な資料を全て集めて提出するとは限りません。

一方,被害者請求とは,交通事故の被害者が自分自身で,自賠責損害調査事務所に資料を提出する方法です。

3 弁護士に相談するメリット

被害者は,等級の認定を受けるために必要な書面や資料がどういうものかは知らないことが通常です。

そこで,弁護士に相談する必要が出てくるわけです。

交通事故に精通している弁護士であれば,等級の認定がなされるために,必要な書面や資料がどういうものかを理解しており,適切な資料の収集を行い,自賠責損害調査事務所に対して申請するということが可能になります。

保険会社に任せておけば,手間もかからず手続きは進むことになりますが,適切な認定を受けるために,弁護士に相談してみてください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

テレビやネット,新聞でニュースをご覧になることがあると思います。

各種多方面の情報が掲載されていると思いますが,交通事故に関する記事やニュースが1件も無い日は無いのではないでしょうか?

車社会である日本にとって,望ましくはないですが交通事故は身近に起こりうるものであることがわかります。

万が一,ご自身が交通事故に遭ってしまった場合,どのような対応をとるべきかご存知の方は多いと思います。

相手の連絡先を確認する,警察に届ける,保険会社に連絡する,ご家族・会社に連絡する…といったことが考えられます。

実際に交通事故に遭われた経験がおありの方も多数いらっしゃると思います。

お怪我をされたり,不幸にして後遺障害が残るような悲惨な交通事故に遭ってしまうこともありえます。

多くの場合はご自身の任意自動車保険と事故の相手方保険会社での担当者同士で話し合いがなされ,解決案が示されます。

治療費はいくら,病院に通院するにかかった通院交通費,交通事故によって仕事を休まれた場合は休業損害補償,傷害慰謝料,後遺傷害慰謝料などの項目ごとに算定がなされ,過失割合等を考慮して,示談案という形で賠償金支払いの提示があります。

さて,この提示額,一般人にとっては妥当性の判断は難しいと思います。

治療費や通院交通費はわかりやすいですが,慰謝料の基準って何?と思われる方が大半ではないでしょうか。

相手方の示談に関する提示内容は,一般的に保険会社の最低ラインで計算されているケースが少なくありません。

示談の提示額だけではなく,治療期間についてもなるべく早く治療を打ち切るようにすすめる傾向が感じられます。

保険会社の思いのままに進めるのではなく,交通事故の大きさにもよりますが,弁護士が介入することで,示談金・治療期間の見直しがされるケースが多々あります。

弁護士法人心では,交通事故を得意とする弁護士が多数いますので,相手方から示談提示があったけれど妥当なのかな?など,お困りの際にはぜひご予約のうえ,ご相談いただきたいと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ