交通事故における後遺障害の基礎知識|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故における後遺障害の基礎知識

1 交通事故における後遺障害とは

交通事故で怪我をし,治療を続けても症状が残ってしまった場合には,後遺障害と認定される可能性があります。

後遺障害には,重い方から,1級~14級の等級があります。

後遺障害にあたるかどうかは,主治医ではなく,「損害保険料率算出機構」やその下部組織の「自賠責保険調査事務所」により審査されます。

2 後遺障害の認定を受けることが重要な理由

後遺障害として認定されると,原則として,「後遺障害慰謝料」と「後遺障害逸失利益」について損害賠償を受けることができ,これにより,損害賠償金の額が1ケタ変わってくることもあります。

そのため,交通事故被害者の方にとって,適正な後遺障害等級の認定を受けることはとても重要です。

3 後遺障害の申請方法

後遺障害等級の認定のために申請する方法には,「事前認定」と「被害者請求」の二種類があります。

⑴ 事前認定

事前認定は,加害者側の保険会社を通じて,後遺障害の申請を行う方法です。

ただ,事前認定手続では,あくまでも加害者側の保険会社が行うことから,必ずしも被害者に有利な資料が提出されない,場合によっては不利な資料が提出されることもあるようですので,注意が必要です。

⑵ 被害者請求

被害者請求は,被害者が自らが後遺障害の申請を行う方法です。

こちらの手続であれば,被害者が適切な資料を提出することができますので,適正な後遺障害の認定を受けるためには,「被害者請求」手続を行うべきです。

4 適正な後遺障害等級の認定を受けるために

適正な後遺障害の認定を受けるためには,病院の選び方,医師との接し方,受けておくべき検査など,重要なポイントがあり,これらのポイントを押さえていなかったために,本来受けられるべき適正な等級が認定されなかったということも少なくありません。

弁護士法人心では,交通事故・後遺障害問題を得意とする弁護士と,「損害保険料率算出機構」や「自賠責保険調査事務所」で,長年,後遺障害認定に携わっていたスタッフらで「後遺障害チーム」を作り,交通事故被害者の方が適正な後遺障害の等級認定を受けられるよう全力で取り組んでおります。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ