後遺障害等級11級の慰謝料−交渉で損をしないために|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

後遺障害等級11級の慰謝料

1 はじめに

交通事故に巻き込まれて,怪我をした場合,治療費,通院に掛かった交通費,休業損害や,入通院慰謝料など様々な損害について,交通事故の加害者に請求することができます。

そして,後遺障害が認められると,さらに,後遺障害慰謝料や逸失利益を損害として請求することができます。

今回は,後遺障害等級11級が認定された場合の後遺障害慰謝料についてご説明します。

2 後遺障害等級11級について

後遺障害等級11級にあたる障害としては,「脊柱に変形を残すもの」(7項),「1手のひとさし指」「なか指又は薬指を失ったもの」(8項)「胸腹部臓器の機能に障害を残し,労務の遂行に相当程度の支障があるもの」(10項)などがあります。

これらの障害が認められると,後遺障害が損害として認められます。

3 慰謝料の支払い基準

交通事故における慰謝料の支払額の基準としては,3つの基準が存在します。

自賠責の基準,保険会社の基準,裁判所の基準といわれるものです。

11級の場合,自賠責の慰謝料額は,135万円とされています。

一方,裁判所の基準では,360万円から430万円の間で,障害の程度や個々の事件ごとの事由に従って,慰謝料が認められます。

そして,保険会社が交通事故の被害者に提示する慰謝料の額は,自賠責の基準と裁判所の基準の間であり,その多くは,自賠責の基準である135万円に近いものになっています。このような差が生まれる理由は,保険会社が,自社の独自の基準に従って,計算しているからです。

つまり,保険会社の示談金の提示を,そのまま信用して和解してしまうと,裁判をすれば認められていたであろう,慰謝料よりも相当程度低い額しか得られないということになってしまいます。

4 弁護士に相談するメリット

交通事故の被害者が,示談交渉を弁護士に依頼すれば,弁護士基準に従って,賠償額を計算し,保険会社と交渉します。

その弁護士基準による賠償額は,裁判所の基準を参考としたものであるため,裁判所の基準と同等のものになります。

そして,保険会社は,弁護士との示談金の交渉で,自社の基準に従った最初の賠償額のまま譲らなければ,裁判となることを予想し,裁判となった場合の支出を抑えるために,示談交渉の段階でも,裁判基準と同等かそれに近い額を認めることになります。

ですから,保険会社から,示談金が提示された場合には,それが妥当であるかどうか,ぜひ一度弁護士にご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

皆様の等級などを診断します

こちらのページでは,後遺障害等級11級について,ご説明をしております。

交通事故によって生じる大きな衝撃は,時に指などを欠損させてしまったり,臓器に障害を残してしまう場合があります。

そのケガの状態や部位などによっては,こういった等級が認定される場合があります。

基準は様々ですので,ご自身の等級がどうなるか,それによって慰謝料がどうなるのかということが知りたい方は,一度当法人までご相談ください。

当法人では,交通事故の損害賠償金や等級認定に関して,無料での診断サービスを行っております。

当法人の診断をお受けになることにより,適切な認定を目指して動いたり,提示された示談金が適切かどうかを判断することもしやすくなるかと思います。

申請はお任せください

後遺障害の等級申請にあたっては,相手方の加入している保険会社に任せる「事前認定」という方法もありますが,やはり不利な資料が出されるかもしれないという不安もありますので,「被害者請求」を選んだほうが良いかと思います。

当法人ではそうした申請に関しても得意としておりますので,交通事故のケガの症状が残ってしまった場合はぜひご相談ください。

申請に関しては,皆様に対してより詳しくわかりやすいご説明をさせていただけるようにと,こちらの交通事故専用サイトとは別にサイトを作り,そちらでご説明を行っております。

交通事故にあったばかりの方にとっても知っておいたほうが良い情報があるかと思いますので,そういった方も一度ご覧になってみてください。

お問合せ・アクセス・地図へ