後遺障害等級14級の慰謝料|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

後遺障害等級14級の慰謝料

1 後遺障害等級14級とは?

交通事故によってケガを負ってしまい,ずっと治療し続けているのに,体に痛みやしびれなどの症状が残ってしまうことを後遺症といいます。

後遺症の程度も様々です。

後遺症の中でも,ある一定程度の症状がある場合には,後遺障害の等級が認定されます。

14級の場合で,多い症状は,むちうち症です。

むちうちは,14級9号「局部に神経症状を残すもの」に該当する場合があります。

後遺障害の等級が認定されるためには,「常時痛」であることが最低条件になってきます。

「雨が降ると痛い」→非該当

「雨が降ると特に痛む」→該当可能性あり

自賠責保険の対象となる後遺障害とは,

①「後遺障害として評価できること」

②「自賠法施行令(別表)の基準に該当すること」

が条件となってきます。

2 慰謝料にも2種類あります

  1. 1 入通院慰謝料

    入院や通院した期間の,精神的苦痛に対して賠償される金額です。

    一般的に,入院・通院開始日から症状固定の日までの期間を基準として支払われます。

    「症状固定」とは,簡単にいいますと,これ以上治療しても症状がよくならないことです。

    つまり,治療しても治療効果がでない状態のことです。

    この症状固定は,医師が判断します。

  2. 2 後遺障害慰謝料

    症状固定後,後遺症が残ってしまい,その後遺症が,後遺障害等級認定された場合の精神的苦痛に対する慰謝料です。

    14級の場合は,一つの目安額として110万円です。

    これは,ひとつの裁判基準です。

    弁護士が介入しての示談交渉でまとまる金額も110万円とされることがよくあります。

    被害者様ご本人で示談交渉をされますと,14級と認定された方でも,上記の裁判基準や弁護士基準の金額がもらえる方は少ないのではないでしょうか。

    保険会社の提示は,14級の場合では,まずは75万円という金額を提示してくることがほとんどです。

    これは,自賠責から支払われる金額ですので最低基準の賠償額といえます。

    そのような低い金額でしか賠償を受けられないのは,妥当ではありません。

    裁判基準や弁護士基準に基づいた適正な賠償額を得たいのであれば,ぜひ弁護士に相談してください。

    慰謝料の額だけでなく,不当に低く提示されている損害項目や,そもそも計上されていない損害項目もあります。

    よく計上されない損害項目としては,後遺障害逸失利益があります。

    主婦(パートなどの兼業主婦も含みます。)の方ですと,主婦休損(1日約9697円※平成25年賃金センサス女子・学歴計・全年齢)というものもあります。

    主婦休損を保険会社から提案してくることはまずないと思います。

    その他,弁護士が介入することで,賠償金額が大幅に上がるケースがたくさんあります。

    賠償額の計算や示談交渉などもすべて弁護士にお任せください。

    まずは,お気軽にご相談のご予約をお願いします。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

14級に関するページです

後遺障害等級にはその重さなどによって様々なものがありますが,こちらでは「14級」に関するご説明をしております。

当ページの中で出てくる「むちうち症」というのは,交通事故のケガの中でも比較的多いケガで,皆様にとっても名前をよく聞くケガかと思います。

ご覧になっている交通事故被害者の方の中にも,むちうち症になってしまわれた方は多いかと思いますが,残ってしまった症状がこの14級にあたりそうかどうかということを判断するのは,ご自身では難しい場合も多いかと思います。

当法人にご相談いただければ,後遺障害等級認定無料診断サービスというサービスにより,交通事故が原因で皆様のお体に残ってしまった症状がどれくらいの等級になる可能性があるのかということを,診断させていただきます。

もちろん診断するだけでなく,ご希望がありましたら申請についてもしっかりとサポートさせていただきますので,ぜひお気軽にご相談ください。

当法人はこれまでに数多く交通事故のケガの後遺症が関わるご相談を承ってきておりますので,豊富な交通事故案件の解決実績と交通事故に関する知識を持っております。

むちうち症だけでなくその他の交通事故によるケガに関してもしっかりと対応させていただきますので,お早めにご相談ください。

交通事故のお悩みについては電話相談もしていただけます

交通事故でケガをしている時に困ることの一つが,移動手段の確保かと思います。

交通事故に関して相談できそうな法律事務所が近くにあったとしても,ケガの痛みが強いとなかなかそこまで行くのもつらいかと思いますし,できるだけ楽な体勢で話したいとお思いになることもあるかもしれませんね。

当法人にご相談いただく場合には,交通事故被害・後遺障害に関しては全国対応をしており,電話での相談も可能となっておりますので,できるだけ移動を控えたいという方の場合も,安心して交通事故のお悩みをご相談いただければと思います。

後遺障害等級14級の慰謝料

交通事故によるけがの症状で多いのが,いわゆる「むち打ち症」です。

通院治療により治癒することが多いですが,一年近く通院を続けても,痛みやしびれが取れないことも少なくありません。

治療を続けても効果が見られない状態を「症状固定」といい,症状固定時に残っている症状を「後遺障害」といいます。

むち打ち症もこの後遺障害のひとつに該当します。

後遺障害と聞くととても重篤な症状を想像してしまいがちですが,むち打ち症であっても後遺障害に該当することが少なくありません。

後遺障害等級が認定された場合,通院慰謝料に加えて,後遺障害慰謝料が支払われるため,もっとも軽い14級であっても,後遺障害等級がつくのとつかないのとでは,保険会社から支払われる慰謝料額が大きく異なります。

通院慰謝料は交通事故のけがによる精神的苦痛に対して支払われるもので,通院期間によって金額が算定されます。

これは後遺障害の有無に関係なく支払われます。

後遺障害慰謝料は,等級認定された後遺障害による精神的苦痛に対して支払われるもので,後遺障害の等級によって金額が算定されます。

しかし,同じ等級であっても,算定基準によって金額が変わってくるので,注意しなければなりません。

たとえば14級の後遺障害が取れた場合,自賠責基準で算定すると75万円,裁判基準で算定すると110~120万円というように金額が違います。

保険会社は後遺障害慰謝料として,自賠責基準である75万円を提示してくることが多いです。

自賠責基準とは「交通事故の被害者が補償される最低基準」といえますので,痛みやしびれを抱えて生活していかなければならない苦痛を考えると,あまりにも低い金額ではないでしょうか。

しかし,被害者本人がいくら訴えても,慰謝料の金額が大きく増すことはほとんどありません。

示談交渉に弁護士が介入した場合は,裁判基準の金額で交渉を行います。訴訟を提起する前でも裁判基準の金額で示談できることも多いです。

事故によってけがや後遺障害を負った上,保険会社との交渉を被害者本人が行うのでは,精神的にも疲れてしまいます。

慰謝料の増額だけでなく,そういった負担を少しでも軽くするためにも,弁護士に示談交渉を任せてみてはいかがでしょうか。

お問合せ・アクセス・地図へ