後遺障害の等級認定に関して気をつけるべきこと|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

後遺障害等級認定に関して気をつけるべきこと

1 後遺障害の等級認定とは

後遺障害とは,傷害が治癒した後もなお身体に残存する永久的もしくは半永久的な精神的・肉体的既存状態を指します。

その認定は,症状が固定,すなわち療養の効果がもはや期待できない状態になったときに行われます。

等級認定は,「損害保険料率算出機構」という機関が調査したうえで行います。

等級の種類には,1級から14級までの14種類があります。

2 等級認定に際して気をつけること

  1. ① 事故に遭ったら,直ちに医師の診察を受け,治療を開始する必要があります

    事故後,時間がたってから医師の診察を受けると,事故との因果関係を否定され,痛みが残っているにも関わらず,等級非該当とされる可能性があります。

    そのため,事故に遭ったら,ただちに医師の診察を受け,治療を開始する必要があります。

  1. ② 医師にしっかりと症状を伝える必要があります

    等級の認定にあたって用いられる主たる資料は,医師による診断書やカルテといった書面です。

    等級の認定にあたっては,最終的な後遺障害診断書だけではなく,治療経過も重視されているため,カルテにどのようなことが書かれているかが重要になります。

    そのため,適切な認定が行われるためには,これらの書類に,正確に症状や治療経過が記載される必要があります。

    もっとも,医師は,後遺障害認定のためにカルテ等を作成しているわけではありませんので,認定のために重要な事項であっても,記載されない可能性があります。

    そのため,医師に対しては,診察のたびにしっかり症状を伝え,認定のために重要な事項をカルテに記載してもらうことが大切なのです。

  1. ③ 治療を継続する必要があります

    通院の間隔が大きく開いてしまうと,その時点で症状が改善したと判断されてしまう可能性があります。

    また,短い期間で通院をやめてしまうと,その時点で症状が改善したと判断され,痛みが残っていたとしても適切な認定は受けられない可能性が高くなります。

    したがって,痛みが続く間は,病院や整骨院等に,継続的に通院する必要があります。

  1. ④ 適切な検査を受ける必要があります

    どのような検査でも受ければよいというものではありません。

    認定にあたって必要な検査というものはあらかじめ定められていますので,不要な検査をいくら受けても,適切な認定にはつながりません。

    そのため,必要な検査は医師に申し出て,受けておく必要があります。

3 適切な後遺障害認定を受けるために

適切な後遺障害等級が認定されるか否かで,受けられる補償には大きな差が出ます。

当法人では,交通事故被害者様が適切な後遺障害等級認定を受けられるよう,通院中のサポート,必要な検査や診断書の記載等についてのアドバイスをさせていただいております。

交通事故に遭ったら,ぜひ早い段階でご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故後で症状が残ったら

交通事故によるケガは,残念ながらすべてがすべて完治するとは限りません。

ケガの中には,どれだけ適切な処置をしても症状が治りきらないものというものもあります。

そのような症状が残ってしまった場合には後遺障害の等級の申請を行うこととなりますが,こちらのページではその申請において気をつけるべきことをご紹介しております。

認定が適切になされるかどうかというのは,賠償金額が適切なものになるかどうかということにも関わってくる場合があり,とても重要なことです。

ちょっとした言動により誤解などを招いてしまうと,痛みがあるにも関わらず認定がされないということも,残念ながら起こり得ます。

交通事故にあい,症状が残ってしまったという方は,ぜひこちらのページをご覧ください。

そして,申請を行おうとお考えの方は,当法人の後遺障害専用サイトの方もぜひご覧ください。

申請を行おうと思うと詳しい知識を持っていたほうがいい場面というのも出てくる場合がありますし,行動に不安をおぼえた時に相談できる詳しい人がいたほうが安心できるかと思います。

交通事故案件を担当している詳しい弁護士が,皆様のお力になれるよう尽力いたしますので,ご検討いただきましたら幸いです。

初期の段階でもご相談いただけます

また,後遺症が残りそうかどうかわからない初期の段階でも,こういった申請の話はまったく関係のない話というわけではありません。

万が一症状が残ってしまった時のことを考えて,交通事故直後に必要な検査を受けておいたり,医師に誤解のないよう症状を伝えておくというのは,症状からしっかりと回復するうえでも大切なことかと思います。

お早めに当法人にご相談いただければ,皆様に早い段階からお気をつけいただきたいことなどをアドバイスさせていただけますので,交通事故にあわれたばかりの方もぜひお気軽にご相談ください。

当法人のご予約は,フリーダイヤル0120-41-2403にてしていただけます。

交通事故のお悩みは全国対応可能・電話相談可能となっておりますし,ご予約により夜間・土日のご相談も可能となっておりますので,お気軽にお電話ください。

「赤ちゃんが乗っています。」のセーフティ・サイン

「セーフティ・サイン」というとピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

街ゆく車に「赤ちゃんが乗っています」というステッカーが貼ってあるのを見られた方は多いのではないでしょうか。

我が国では「Baby in car」や「Child in car」などというジャパニーズイングリッシュのステッカーもなじみがあります。

そのまま英語として理解すると,なんだか車の中に赤ちゃんや子どもが素材として練りこまれているような感じになります。

なんとも,奇妙な感じですね。

英語では「Baby on board」 が正しいようです。

さて,では,なんのためにこのようなステッカーが貼られているのでしょうか。

「セーフティ・サイン」という名前から想像できるとおり,赤ちゃんや子どもの安全のための表示であるようです。

運転する車の前にそういったステッカーのある車がいた場合,「赤ちゃんが乗っているから無理な運転はできないだろうな,ゆっくり走らざるをえないのかな。追突しないようにいつも以上に気をつけないといけないな。」といった気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

交通事故防止のためのステッカーであるといえましょう。

また,交通事故等に遭遇した場合に,赤ちゃんが乗っていることを救急隊の方に知らせ,幼い命の救護をいち早く促すためでもあるときいたことがあります。

よく考えられているものです。

どのような交通事故も嫌なものですが,小さな子が巻き込まれる事故はまたより一層辛いものです。

わたしたち弁護士は,交通事故被害にあわれた方々のお力になりたいと日々尽力しています。

他国では,「誘拐」を懸念して,このようなサインを避けるようになっているようです。

赤ちゃんや子どもを守るための「セーフティ・サイン」であるはずが,逆のものになってしまうとはなんとも悲しいことです。

「セーフティ・サイン」を車に貼っていられる社会であることはしあわせなことかもしれません。

お問合せ・アクセス・地図へ