むちうちの後遺症相談|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

むちうちの後遺症相談(症状固定時や後遺障害診断書作成時に)

1 むちうち損傷とは?

むちうち損傷とは,事故により頚部が過進展,過屈曲したむちうち運動後に生じた損傷のことをいい,臨床的には,交通事故により受けた頭頚部の衝撃によって,X線上外傷性の異常の伴わない頭頚部症状を引き起こしているものを広く指しています。

診断書上は,頚椎捻挫と記載されるのがほとんどです。

頚椎捻挫の予後は良好な場合が多く,大方は3か月以内に治癒するとされています。

もっとも,一部難治性のものが存在することも事実であり,症状固定後にも痛みが残ってしまった場合は,後遺症として等級認定される可能性があります。

2 後遺症とは?

自賠責保険制度において,後遺障害とは,「傷害が治ったときに身体に存する障害をいう」(自賠法施行令2条1項2号)とされ,ここで言う「治ったとき」とは,傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても,その効果が期待し得ない状態で,かつ,残存する症状が,自然的経過によって到達すると認められる最終の状態(症状固定)に達したときを指すとされています。

つまり,後遺症とは,症状固定時において残存する身体的な毀損状態を指していることになります。

症状固定時期がいつになるのかは大きな問題ですが,基本的には,医師が被害者の方の状態を診た上で決めることになります。

そのため,被害者としては,日ごろから医師と密にコミュニケーションを図り,自分の身体状況について,正確かつ詳細に医師へ伝えておく必要があります。

3 後遺障害認定手続きについて

後遺障害認定手続きの方法としては,保険会社主導で行う事前認定手続きと,被害者自らが行う被害者請求による手続きがあります。

事前認定では,被害者としては後遺障害診断書を取得する以外に特に煩雑な事務手続きを行わずに済むというメリットがありますが,申請書類を不備なく保険会社がそろえているか等をチェックすることができず,手続きとしての透明性に欠けるというデメリットがあります。

一方,被害者請求による場合は,被害者側の負担があることは否めませんが,透明性の高い手続きとなるというメリットがあります。

そのため,適切な認定を得るためには,被害者請求の方法によるべきだと言えます。

4 後遺障害診断書作成の際の注意点

自賠責の調査事務所は,基本的には提出された書面にて等級認定手続きを行うため,後遺障害診断書に何が記載されているかは非常に重要です。

後遺障害診断書は医師が作成する書面ですので,医師に任せていれば満足のいく内容が記載されるかといえば,そうではありません。

医師は身体を診る専門家ではありますが,後遺症認定手続きの専門家ではありませんので,認定上,必要だと思われることでも記載を漏らしてしまうことがあります。

必要な記載を漏らしてしまったがために,本来後遺障害として認定されるべき事案が非該当とされる事態は避けなければなりません。

そのため,医師に診断書の作成を依頼するにあたっては,必ず記載してほしい事項については,その旨医師に伝える必要があります。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

「むちうち」とは

いわゆる「むちうち」とは、交通事故の際に、頸部へ強い衝撃が加わり、その際に頸部がまるでムチがしなったような、通常ではしない動き(過伸展や過屈曲)をしてしまったがゆえに引き起こされる様々な症状のことを言います。

もっとも、「むちうち」は正式な傷病名ではありません。

臨床的には、交通事故等により受けた頭頸部の衝撃により、X線上外傷性の異常が伴わない頭頸部の症状を広く「むちうち」と言っており、診断書上では、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」と書かれることが多いです。

「むちうち」の症状には様々なものがあり、首筋・肩・背中の痛み及び動きの制限(「頸椎捻挫型」)、腕の痛みやしびれ・身体のだるさ・後頭部の痛み・顔面痛等(「神経根症状型」)、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気等(「バレ・リュー症状型」)、下肢のしびれ等(「脊髄症状型」)が挙げられます。

また、交通事故直後は何ともなくても、数日経ってから症状が現れることもあり、厄介です。

「むちうち」と後遺障害

「むちうち」は、多くの場合、受傷後3か月以内に治癒すると言われていますが、中には重篤なケースで後遺障害が認定される場合もあります。

すなわち、「むちうち」の症状である痛みやしびれは、いわゆる末梢神経の障害であり、自賠責保険制度の後遺障害等級表(1級から14級)上、末梢神経の障害としては12級(13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」)あるいは14級(9号「局部に神経症状を残すもの」)の認定の可能性が考えられます。

後遺障害の申請は、保険会社が行う事前認定手続と被害者自らが行う被害者請求があり、弁護士が被害者から委任を受けて被害者請求をすることも可能です。

適切な後遺障害の認定を受けるためには、被害者自身あるいは被害者から委任を受けた弁護士が行う被害者請求によるべきです。

では、後遺障害12級13号及び14級9号の認定につき、もう少し詳 しく説明していきます。

後遺障害12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」という要件だけを見れば、交通事故に遭われた被害者の方は誰しもが、「私の首の痛みは頑固だから後遺障害12級の認定に違いない」と思いがちです。

しかしながら、実際に後遺障害12級13号が認定されるためには、「局部に頑固な神経症状を残すもの」という要件に該当する症状が「医学的に証明される」必要があります。

そして、「医学的に証明される」とは、画像所見や神経学的検査所見により証明できる場合(=「他覚的所見」がある場合)を言います。

また、他覚的所見と自覚症状とが整合していることも必要です。

このように、後遺障害12級13号が認定されるための要件はかなり厳 格であり、いくら自覚症状として自分の痛みの症状が頑固だと思っても、他覚的所見が一切ないような場合には、後遺障害12級13号は認定されないのが通常です。

他方,後遺障害14級9号(「局部に神経症状を残すもの」)が認定されるためには、「局部に神経症状を残すもの」という要件に該当する症状が「医学的に推定しうるもの」であることが必要です。

具体的には、上記要件に該当する症状が他覚的所見からは証明できない ものの、事故態様・自覚症状・通院頻度・MRI撮影等の検査内容及び結果・症状固定までの期間・診断書及び後遺障害診断書の記載内容等、様々な事情を総合考慮すれば、症状が交通事故時点から現在まで一貫して継続しているものと言えることが必要です。

「むちうち」における治療上の注意点

まず,病院はしっかりと受診すべきです。

交通事故直後には、仮に身体の異常が何もなかったとしても、念のために病院を受診し、一度MRIを撮影して、本当に異常がないかを確認すべきであると言えます。

「むちうち」の場合、交通事故直後には何ともなくても、数日経ってから症状が出てくることがあるからです。

例えば、交通事故後1か月以上経ってから病院へ行ったというようなケ ースでは、そもそも交通事故と「むちうち」の症状との因果関係が否定される場合もありますし、そうでなくとも、「病院に行かなくても良かった程度の痛みであった」と判断されてしまいます。

次に,検査はしっかりとしてもらうべき

「むちうち」の際の検査には、MRI・CT・レントゲン、スパークリングテスト、ジャクソンテスト、腱反射テスト、MMT等、症状に応じて様々な検査があります。

そして、医師にはしっかりと症状を伝え、適切な検査を適切な時期に受 けておくことが、のちに適切な後遺障害認定を受けるためには非常に大切です。

例えば、事故直後から激しい痛みに苦しめられていたとしても、事故後にレントゲン撮影歴がなければ、「事故当初から、レントゲンを撮影するほどの症状はなかった」ものと判断されてしまうからです。

また,後遺障害診断書の記載も重要です。

後遺障害の申請をする際には、通院していた病院の主治医に「後遺障害 診断書」を記載してもらう必要があります。

もっとも、後遺障害診断書の細かな記載方法についてのルールはなく、担当する医師によって、必要十分な記載がある場合もあれば、残念ながらそうでない場合もあるので注意が必要です。

以上のように、「むちうち」はその医学的な証明の難しさから、後遺障害の認定にも困難な部分が多いと言えます。

事故直後、通院時、後遺障害診断書作成時、後遺障害申請手続時等、適切な後遺障害の認定を受けるために注意すべきポイントは多いため、ぜひ一度弁護士に相談することをオススメします。

お問合せ・アクセス・地図へ