遷延性意識障害の慰謝料請求|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

遷延性意識障害慰謝料請求

遷延性意識障害とは,いわゆる植物状態とも言われる重度の昏睡状態をさします。

突然の交通事故によって,ご家族が寝たきりとなってしまわれた方は,多大なショックを受けるとともに,誰に相談して良いか分からなかったり,今後の生活や介護についてなど多くの不安がおしよせていることと思われます。

このページでは,そんな不安を和らげる一助となればと思い,適正な損害賠償を受けて生活を立て直すため,慰謝料などどのような請求ができるか説明させていただきます。

・治療費

治療費については,通常の事故では,症状固定,つまり今後治療を続けても大幅な改善は見込めないと診断された時点までにかかった費用のみが損害として認められるというのが原則です。

しかし,遷延性意識障害の場合,症状の悪化を防ぐため,将来にわたって治療を受け続ける必要性が明白であると判断されるため,平均余命を目途として,それまでにかかる治療費も認められる傾向にあります。

・介護費

寝たきりとなれば,多くの場合介護が必要と判断されるでしょうから,基本的に付添介護費を請求できます。

有償で付添人を頼んだ場合だけでなく,近親者が無償で介護を行った場合でも,それ自体損害が発生したものとして,請求することができます。

治療費と同じく介護費についても,将来発生することが明らかであるとして,将来分の介護費を請求することができ,近親者であれば日額8000円程度が目安です。

平均余命までの金額から,将来でなく現時点で受け取ることによる利息を割引いた(控除した)金額を示談時に支払うのが一般的ですが,一定期間ごとに定期金として支払うよう求める裁判例も登場しています。

・休業損害・交通費・入院雑費

事故のため,仕事に行けない期間に生じた減収,近親者が看護に赴くための交通費,入院中のこまごまとした出費(これは,実際に支出した費用ではなく,日額1500円程度で算出します)といったものは,症状固定時までのものが損害となります。

・逸失利益

遷延性意識障害となれば,後遺障害については,適正に認定されれば「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの」として,最も重い等級である,自動車損害賠償保障法施行令別表第1第1級が認められることとなります。

労働能力は当然0となっており,事故がなければ将来的に働いて得るはずだった収入が失われたことになるため,請求することができます。

収入については,基本的に事故に遭った前の年の収入を基礎とします。

若年者や主婦の場合は,統計による平均賃金を用いることとなります。

年数は,原則として症状固定から67歳までですが,この場合も利息を控除した金額を請求することとなります。

・慰謝料

慰謝料は,被害者が受けた精神的損害に対する賠償金で,交通事故で受けた傷害に対するものと,残ってしまった後遺障害に対するものとに分かれます。

被った精神的損害の程度を金銭に換算することは困難ですので,近年は,治療期間や後遺障害の等級に応じて,ある程度定額化されています。

遷延性意識障害では後遺障害の等級は第1級であり,2800万円が裁判例上の相場となっています。

この他に,重度の後遺障害の場合,死亡にも比肩する精神的苦痛を受けたとして,被害者本人だけでなく,近親者にも別途慰謝料請求件が認められます。

遷延性意識障害については,以上に挙げた内容の請求が可能なのですが,十分な知識のない方が請求したとしても,保険会社との交渉や訴訟を通じて正当な補償を受けることは必ずしも容易ではないため,弁護士など専門家に相談されることをお勧めします。

弁護士法人心では,交通事故被害者の方のご相談には,原則無料で応じておりますので,お気軽にご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

チャイルドシートの役割

現在,日本では,ちいさな子どもを乗せて自動車を運転する際は,幼児用補助装置,いわゆるチャイルドシートを使用しなければいけないとされています。

なぜ,子どもを乗せて走るときにチャイルドシートを使用しなければならないか。

それは,まさに,自動車乗車中の交通事故による乳幼児の被害を減らすためだといえます。

最初は子どもも,チャイルドシートの使用を拒むことがあるかもしれません。ベルトにより固定され,自由に身動きできないのですから,当然だと思います。

嫌がる子どもを無理やりチャイルドシートに座らせるのはとても大変ですし,心も痛みます。

しかし,「子どもの自由にさせてあげたい。子どもが嫌がるから。」とチャイルドシートを使用しないで車を運転すると,万が一,交通事故にあった際,大切なお子様がとりかえしのつかないことにならないともかぎりません。

チャイルドシートは,大切なお子様を守るためのものです。

自動車乗車中に交通事故にあったときの乳幼児の死亡,重傷率は,チャイルドシート非使用の場合,使用していた場合より数倍も高くなります。

また,弁護士として多くの交通事故事件をとりあつかってきて,たとえ低い速度で走っていたとしても,チャイルドシート非使用の場合だと被害が大きくなることがわかります。

チャイルドシート非使用の危険性が明らかなのです。

どのような交通事故もつらいですが,乳幼児が犠牲となる事故のつらさは言葉に表せません。

わたしたち弁護士ができることは限られています。

弁護士がお役にたてるのは,たいてい交通事故がおこってしまったあととなります。

交通事故がおこり,不幸なことになってしまう前にできることはしたい,してほしいと心から思います。

お問合せ・アクセス・地図へ