症状固定と後遺障害等級認定に関して

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

症状固定後遺障害等級認定に関して

1 後遺障害等級認定の流れ

交通事故に遭われて怪我を負われた場合,整形外科や整骨院・接骨院に通院して治療を受けることになります。

しかし,一定の時期を経過しても,治療によって怪我が完治せず,治療を継続しても一定の痛みが残ってしまう状態になることもあります。

このような状態を「症状固定」といいます。

そして,症状固定段階になったと医師が判断した場合,症状固定後にも残った症状については,後遺障害として等級認定を受け,慰謝料等を請求していくことになります。

2 後遺障害等級認定の方法

後遺障害による慰謝料等を請求していくためには,後遺障害等級の認定を受けなければいけません。

この認定は,損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が行います。

そして,適切な認定を受けるためには,等級ごとの基準を認めるに足りる適切な書面を,資料を添付して提出する必要があります。

3 早急に専門の弁護士に相談することをお勧めします

後遺障害の等級認定に必要な資料は,後遺障害等級認定の申請するときに集められるものばかりではありません。

事故の発生から申請にいたるまでの各時点で,等級によって異なる検査(MRIなど)を受け,その結果を資料として添付する必要があります。

また,症状固定と判断されたとしても,痛みが残る限り通院を継続していただく必要もあります。

さらに,主治医に,後遺障害診断書を作成してもらう必要もあります。

このように,適切な後遺障害の等級認定を受けるためには,交通事故の発生後できるだけ早い段階から,後遺障害等級認定の基準を踏まえた検査を受けるなどの対策を取る必要があります。

そのため,交通事故の被害に遭われた方には,できるだけ早い段階から,後遺障害等級の認定に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

4 是非,弁護士法人心にご相談ください

弁護士法人心は,後遺障害等級の認定を行う損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所に長年勤務してきたスタッフとともに後遺障害等級認定の専門チームを組織し,年間5000件ものお問合せに対応しています。

そのため,交通事故で被害に遭われた方が適切な後遺障害の等級認定が受けられるように,時期に応じて受けていただく検査などをお教えするなどの治療時からのサポート,必要な書類,添付資料等を取り揃えて後遺障害等級認定の申請手続きまで全て,親身かつ全力でサポートさせていただきます。

交通事故の被害に遭われた方は,是非お気軽に当法人までご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

等級申請についてもご相談ください

いくら腕の良いところでケガの治療を受けたとしても,交通事故のケガが必ず治るとは限りません。

残念ながらケガの症状が残ってしまったという場合にはその後のことを考えて動く必要がありますし,まだケガをしたばかりという場合でも,万が一の時のことは考えておいたほうが良いかもしれません。

こちらでは,そんな「症状固定」と「後遺障害等級認定」について,ご説明をしております。

当ページにありますとおり,当法人では交通事故の案件に非常に力を入れており,等級申請も得意としております。

申請につきましては専用のサイトも設けておりますので,当ページを見て少しでも必要だと感じた方,関心が出た方は,ぜひそちらもご覧ください。

当法人では,皆様の適切な等級を無料で診断するサービスも行い,交通事故被害者の方々のお役に立てるようにしております。

全国対応しております

交通事故にあい,つらいケガの症状が残ってしまった場合,実際にご来所いただくのが大変だという方も多いかと思います。

そうでなくとも,当法人の事務所が近くにないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当法人では,一人でも多くの被害者の方のお力となるため,交通事故の被害や後遺障害の案件につきましては,全国対応をさせていただいております。

電話でのご相談をしていただけますので,ご希望の方はその旨を遠慮なくお申し付けください。

もちろん,来所が可能であり直接会って相談がしたいという場合には,各事務所までご来所いただくという方法をとることも可能となっております。

どちらの方法を取る場合でも,ご相談の前に0120-41‐2403にて,ご相談のご予約をお取りください。

お問合せ・アクセス・地図へ