赤本・青本基準−交通事故の適正な慰謝料は?|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

赤本・青本基準-交通事故の適正な慰謝料は?

1 交通事故慰謝料とは

交通事故に巻き込まれて怪我をした場合,事故によって被った精神的苦痛について賠償を受けることができ,それを慰謝料といいます。

2 慰謝料金額を決めるための基準

慰謝料が認められるとしても,各個人が被った精神的苦痛の大きさは様々であり,容易には金銭換算することはできません。

もっとも,毎日たくさんの交通事故についての示談や裁判が行われており,慰謝料額についての話し合いが行われています。

その全てにおいて,各個人の慰謝料額を目安もなく決めていては,いつまでもその額が定まらず,交通事故被害者にとってもいつまでも賠償を受けることができないことになりかねません。

そのため,慰謝料額を決めるための目安というものが必要となります。

3 基準の種類について

  1. 1 交通事故における傷害慰謝料基準については,3つあると言われています。
  1. 2 まず,一つ目は,自賠責保険基準といわれるものです。

    自賠責保険は,傷害について1台あたり120万円という上限がありますが,被害者に70パーセント以上の過失がなければ,過失による賠償金の減額はありません。

    もっとも,自賠責保険が,被害者の最低限の救済のために設けられたものであるため,その支払基準は3つの中で最も低いものになることが多くなります。

  1. 3 次に,二つ目の慰謝料基準として,任意保険会社基準があります。

    任意保険会社基準は,自賠責保険に加えて,各人が自由に加入している保険会社の独自に使用している基準です。

    被害者の方が,示談の際に,相手方保険会社から受ける提案はこの任意保険会社基準によって計算されたものです。

    この任意保険会社基準は,骨折等の重傷の場合には,自賠責保険基準よりも高い額となることが多く,むちうちの場合には,自賠責保険基準とほとんど変わらないものであることも多くなっております。

  1. 4 最後に,3つ目の慰謝料基準として,裁判基準(弁護士基準)といわれるものがあります。

    この基準において参考とされるものとして,赤本や青本と言われるものがあります。

    赤本では,東京地裁交通部が公表した慰謝料基準が記載されています。

    これに対し,青本では,日弁連交通事故相談センターが作成した慰謝料基準であり,その基準額は幅のあるものになっています。

4 交通事故における示談交渉を弁護士に相談するメリット

上記のように,交通事故慰謝料においては3つの基準が存在します。

そのうち,青本基準や,赤本基準によって,計算された慰謝料は,自賠責保険基準や,任意保険会社基準により計算された慰謝料よりも,高くなることが多くなっています。

しかしながら,相手方の保険会社は,弁護士が介入しない限り弁護士基準での慰謝料は支払ってこないことがほとんどです。

そのため,示談交渉において,弁護士に相談することが非常に有用となっております。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

みなさんは,“交通事故慰謝料“がどのようなものかご存じでしょうか。

みなさんは,“交通事故慰謝料“がどのようなものかご存じでしょうか。

一言でまとめると,交通事故によって被った損害を金銭により賠償してもらうことです。

慰謝料といっても,交通事故に遭い,医療機関へ入院や通院をした場合に発生する「入通院慰謝料」や,後遺障害に等級が付いた場合に発生する「後遺障害慰謝料」の二つがあり,慰謝料の基準も自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士(裁判所)基準と三つあります。

こちらのページでは交通事故慰謝料の基準についてご説明いたします。

先程もお伝えした通り,慰謝料は,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士(裁判所)基準というものがあります。

自賠責基準は,自賠責保険金の120万円の枠内で保障される基準となります。三つの中で金額が一番低いことが多く,交通事故に遭われた方で,相手方の保険会社より提示されることが多いのも,こちらの基準です。

任意保険基準は,各保険会社が独自に定めた基準となります。慰謝料が120万円以内であれば自賠責基準で示談案を出し,自賠責基準で算定をした結果,120万円を超えるようであれば,任意保険基準で示談案を出してくることが多くあります。

弁護士(裁判所)基準は,弁護士が算定を出す際に使用する基準です。

弁護士(裁判所)基準での算定方法は2種類あり,赤い本を参考にする方法と青い本を参考にする方法があります。

赤い本は,東京地方裁判所の交通部が発行しているもので,「東京地裁基準」とも呼ばれており,首都圏での判例をベースに作られています。

青い本は,日弁連交通事故相談センターが発行しているもので,「全国基準」とも呼ばれています。

首都圏から地方の基準をベースに作られているため,金額に幅があります。

金額の高さでいうと,【青い本の下限】<【赤い本】<【青い本の上限】となります。

弁護士基準は,三つの基準の中で一番高く算定がされますが,赤い本や青い本の根拠を相手方に主張することは,難易度が高く,相手方も,弁護士の介入がなく弁護士(裁判所)基準の算定額を払ってくることは,通常ありません。

相手方は,自賠責基準や任意保険基準で算定のうえ示談案を提示してくるケースが多いので,弁護士(裁判所)基準よりかなり低い金額で示談をしてしまう前に,示談案が届いた時点で,一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ