交通事故の賠償金の支払|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の賠償金の支払

1 弁護士が教える適切な交通事故の賠償金の支払を受けるためのポイント

交通事故の被害にあってしまった方は,怪我がしっかり治るのか,今後どうなるのか等様々な不安を抱えていらっしゃるかと思います。

ここでは,後になって後悔しないための,適切な交通事故の賠償金の支払を受けるためのポイントについてご説明させていただきます。

2 適切な治療費の支払を受けるためのポイント

⑴ 医師に症状を正確に伝える

医師には怪我の痛み等の症状を正確に伝えましょう。

医師に話したことは,後で有利にも不利にも決定的な証拠になります。

痛みをすべてきちんと正確に伝えておかないと,身体の痛みを感じている部分の治療をしてもらっているにもかかわらず,後になって「医師に対して痛みを訴えていなかった」として治療費の賠償を拒否される可能性があります。

可能であれば,正確に伝えるだけでなく,カルテ等に正確に記載されているかも確認できるとよりよいです。

⑵ レントゲンやMRIをとってもらう

交通事故直後にレントゲンやMRI等の撮影を受けておいた方が安全です。

交通事故直後にこれらの画像が撮影されていないと,症状が交通事故の怪我による症状であるとの証明が難しくなる場合があります。

交通事故からしばらく経ってしまうと,交通事故以外により受傷したものではないかといわれてしまうこともあります。

⑶ 適切な頻度で通院をする

適切な頻度で病院に通院することを心がけましょう。

通院頻度があまりに少ないと,「軽症だから病院に通院していないのではないか」と疑われ,早い時期に治療費の支払が中止されることがあります。

過剰に通院すると,過剰診療として治療費が支払われないこともあります。

3 適切な慰謝料の支払を受けたためのポイント

⑴ 通院期間と通院頻度

交通事故における慰謝料の計算においては,どのくらいの期間通院を行ったか,どのくらいの頻度で通院を行ったかという点が非常に重視されます。

交通事故の怪我の痛みがある場合には,しっかりと通院をすることを心がけてください。

⑵ 記録を残すこと

交通事故によって,どんな不自由が生じたのか,できるはずのことができなかったのか,どんな大変な思いをしたのかということを記録に残しておきましょう。

その当時大変だったことでも,賠償金額を決めるときに忘れてしまい,相手方に伝えることができないと,適切な賠償金を得ることが難しくなってしまいます。

4 交通事故の損害賠償でお困りの方は

交通事故の損害賠償についてお困りの方,不安をお持ちの方は弁護士法人心までお気軽にご相談ください。

弁護士事務所によっては,「交通事故のご相談は症状固定後にしてください」と言われることもあるかもしれません。

弁護士法人心では,賠償金の交渉の段階で交通事故の被害者の方に「あのときにこうしておけばよかった」といった後悔をさせないよう,事故の直後や怪我の治療のために通院を行っている最中であっても,交通事故に詳しい交通事故チームの弁護士がサポート・アドバイスさせていただくことが可能です。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故の賠償方法

1 交通事故で賠償を受ける方法

交通事故の被害者となった場合,相手方に対して損害賠償請求をすることができます。

もっとも,相手方が保険に加入しているか等により賠償を受ける方法は異なってきます。

ここでは,相手方が保険に加入しているかなどに着目してそれぞれの場合にどのように賠償を求めていくべきかをご紹介します。

2 相手方が任意保険に入っている場合

相手方が任意の自動車保険に加入している場合には,基本的には相手方の任意保険会社から損害の賠償を受けることになります。

治療費や休業損害については,事故直後から相手方保険会社が支払ってくれることも多く,治療費以外の損害の賠償については,治療終了後,交渉していくケースがほとんどです。

3 相手方が任意保険に入っていない場合

⑴ 相手方が自賠責保険に入っている場合

任意保険に加入していない場合であっても,自動車賠償責任保険(自賠責保険)に加入することは法律上の義務であり,強制加入となっているので,相手方が自賠責保険に加入しているのであれば,そこから事故に対する補償を受けることができます。

もっとも,自賠責保険は交通事故被害者の最低限の保障のためのものであり,賠償される金額には限度があります。

十分な賠償を受けられなかった部分については相手方本人に対して直接の賠償を求めていくことになります。

⑵ 相手方が無保険の場合

法律上の義務であるにもかかわらず,車検切れのまま走行して事故を起こした場合など,相手方が自賠責保険にすら加入していない無保険の場合があります。

この場合,自賠責保険に相当する部分については,政府保障事業に請求することも可能ですが,手続きが煩雑であり,時間もかかります。

十分な賠償を受けられなかった場合には,相手方に直接請求していくことになりますが,相手方に資力がない場合には,回収不能となってしまうケースもあります。

4 交通事故の損害賠償請求をお考えの方は

交通事故の損害賠償請求でお困りの方は,弁護士法人心までお気軽にご相談ください。

交通事故を得意とする交通事故チームの弁護士が,ご相談に乗らせていただきます。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ