外傷性頚部症候群の慰謝料請求‐交通事故の専門弁護士へ相談

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

外傷性頚部症候群の慰謝料請求

1 外傷性頚部症候群の特徴

外傷性頚部症候群とは,いわゆる「むち打ち症」などと呼ばれる症状のことです。

むち打ち症は,交通事故によって頚部に過大な負荷が生じたことで起きる障害のことをいいます。

首の痛みやめまい,吐き気,耳鳴り,頭痛,しびれなど,人によってかなり差がある症状があるようですが,レントゲンやMRIなどの医学的検査ではわかりにくく,本人の自覚症状によるところが大きいという特徴があります。

2 外傷性頚部症候群の慰謝料の種類

外傷性頚部症候群では,傷害慰謝料(入通院慰謝料)に加え,後遺障害等級のうち,14級または12級が認められ,後遺障害慰謝料を受け取ることができる場合があります。

ただ,この症状は,先に述べたように医学的検査では判明しづらいという特徴があるため,適正な額の慰謝料を受け取るためには注意が必要です。

3 注意点

外傷性頚部症候群は,医学的検査では判明しづらく,交通事故の被害者本人にしか分からない症状であるという特徴から,保険会社との治療費の打ち切り交渉や後遺障害等級の認定では,独特の難しさがあります。

そのため,交通事故に詳しい専門家に相談することをお勧めします。

4 行政書士,司法書士,弁護士の違い

最近では,行政書士や司法書士も交通事故の相談を取り扱っているようです。

しかし,行政書士は,交通事故の被害者本人に代わって,保険会社と治療費の打ち切り交渉をすることはできませんし,仮に保険会社と裁判で争うことになった場合,訴訟手続を行うことができません。

司法書士は,一部の交渉や訴訟を行うことができるとされていますが,その範囲は総債権額140万円以下の場合に限られますので,賠償金額が140万円を超えた場合は,弁護士に依頼せざるを得ません。

他方で,弁護士は,交渉,訴訟などのすべての法律手続ができますし,取り扱うことのできる総債権額に制限もありません。

以上の違いから,交通事故の相談は弁護士に依頼することをお勧めします。

5 弁護士の選び方

先に説明しましたとおり,外傷性頚部症候群には,独特の難しさがありますので,交通事故に詳しい弁護士に依頼するべきです。

最近では,交通事故の無料相談を行っている弁護士も多いようですので,保険会社の主張する通院期間の目安,保険会社との治療費の打ち切り交渉の仕方,適正な後遺障害の等級を受けるために受けるべき医学的検査などを質問し,ご自身が納得いくまで丁寧に説明してくれる弁護士を選ぶことをお勧めします。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ