併合11級の慰謝料請求‐2つ以上の後遺障害の場合

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

併合11級の慰謝料請求‐2つ以上の後遺障害の場合

1 併合とは

「併合」とは,系列を異にする身体障害が2以上ある場合に,重い方の身体障害の等級によるか,又はその重い方の等級を1級ないし3級を繰り上げて当該複数の障害の等級とすることをいいます。

たとえば,肩関節の機能障害と鎖骨の骨折を生じた交通事故に関して,肩関節の機能障害については,「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として第12級6号と認定され,鎖骨骨折後の鎖骨の変形障害については,「鎖骨に著しい変形を残すもの」として第12級5号が認定される場合,これらは併合11級と判断されます。

このように,同一の被害者に複数の後遺障害が認められる場合でも,認定される等級は1つのみとなっています。

2 併合11級の場合の慰謝料

「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」(以下,「自賠責基準」といいます。)によると,第11級の慰謝料の金額は135万円とされており,これは併合11級でも同じ扱いです。

前記1のとおり,同一の被害者に複数の後遺障害が認められる場合でも,認定される等級は1つのみであることから,慰謝料についても1つの等級のみが認められることになります。そのため,上記の例の場合でも,第12級の金額(93万円)が2か所分(186万円)認められるわけではありません。

したがって,上記の例では,自賠責基準によれば135万円のみが認められることになります。

ただし,自賠責基準による金額は極めて低額なものであり,十分なものではありません。

そのため,弁護士が介入した実際の示談交渉や裁判手続きにおいては,裁判所や弁護士会で用いている基準を軸に進行していくことになります。

裁判所や弁護士会の基準によると,第11級の場合の後遺症慰謝料の基準は420万円であり,これは併合第11級の場合も異なりません。

3 増額事由

実際には,上記基準をもとに,後遺障害の内容,程度,被害者の職業や生活に生じた現実の不都合,事故の態様を総合的に考慮して,適切な金額を決めてゆくことになります。

特に増額事由として考慮されるものとして,加害者の過失の態様が重大である場合(飲酒運転,ひき逃げ,速度超過,信号無視,居眠り運転,無免許運転,わき見運転等)は,その重大性や悪質性の程度を考慮して増額の有無が判断されることになります。

また,加害者が事故後に証拠を隠滅したなど,常識に反するような著しく不相当な行為をした場合にも,増額事由として斟酌されることがあります。

その他,顔面醜状や生殖機能障害,歯牙障害等,その障害が労働能力に直接影響を与えるとは言い難いが,間接的に影響を与えていると認められる場合や,将来の手術費の算定が困難である場合等も,増額事由として斟酌されることがあります。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

後遺障害併合11級とは

1 後遺障害等級の「併合」という考え方

そもそも後遺障害併合11級の「併合」とは何でしょうか。

この点,自動車損害賠償保障法施行令の中に,複数の後遺障害に該当する障害が残った場合の取り扱いについて規定があります。

①5級以上の後遺障害が2つ以上ある場合

最も重い等級を3等級繰り上げます。

②8級以上の後遺障害が2つ以上ある場合

最も重い等級を2等級繰り上げます。

③13級以上の後遺障害が2つ以上ある場合

最も重い等級を1等級繰り上げます。

④その他の場合

一番重い等級とする。

このように,重い等級の後遺障害が複数ある場合,併合の考え方により等級が認定されることになります。

ただ,14級の後遺障害だけはいくつ認定されても併合14級にしかなりませんのでご注意ください。

2 後遺障害併合11級

以上によれば,後遺障害併合11級が認定されるのは,12級の後遺障害が2つ以上認定された場合や11級に該当する後遺障害と14級に該当する後遺障害が認定された場合などになります。

後遺障害併合11級が認定された場合,自賠責保険からは331万円を上限とした支払いを受けることができます。

また,裁判所基準では後遺障害慰謝料だけで420万円が相場と言われていますので,弁護士に示談交渉や裁判を依頼すれば,自賠責保険以上の金額の獲得にも期待できます。

後遺障害の併合11級となった場合の逸失利益

1 併合とは

「併合」とは,系列を異にする身体障害が2以上ある場合に,重い方の身体障害の等級によるか,またはその重い方の等級を1級ないし3級繰り上げて当該複数の障害の等級とすることをいいます。

例えば,肩関節の機能障害と鎖骨の骨折を生じた交通事故に関して,肩関節の機能障害については,「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として12級6号と認定され,鎖骨骨折後の変形障害については,「鎖骨に著しい変形を残すもの」として12級5号が認定される場合,これらは併合11級と判断されます。

このように,同一の被害者に複数の後遺障害が認められる場合でも,認定される等級は1つのみとなっています。

2 後遺障害の併合11級となった場合の逸失利益

逸失利益とは,交通事故の後遺障害により労働能力が減少し,交通事故に遭わなければ本来もらえたであろう将来の収入に関する損害をいいます。

逸失利益の計算方法は,一般的には,基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に応じたライプニッツ係数となります。

基礎収入については,原則として事故に遭う前の収入を基準とします。

例外的に,専業主婦や学生等の場合には,賃金センサスと呼ばれる,毎年厚生労働省が行う「賃金構造基本統計調査」によって算出した,労働者の雇用形態,就業形態,勤続年数等を示した数値を用いて計算します。

労働能力喪失率とは,労働能力が失われたことを数値で表したものをいいます。

併合11級の場合の労働能力喪失率は,一般的には20%とされていますが,障害の残った部位,内容によっては,数値が上下することもあります。

労働能力喪失期間とは,労働能力が失われるであろう期間のことをいいます。

一般的には,労働可能年齢は67歳程度と考えられているため,労働能力喪失期間は,症状固定日から67歳までとされます。

もっとも,障害の残った部位,内容によっては,期間が前後することもあります。

3 後遺障害は弁護士法人心へ

弁護士法人心には,後遺障害の問題を得意とする弁護士が多数在籍しております。

後遺障害でお悩みの方は,ぜひ一度,当法人までご連絡いただければと思います。

後遺障害の併合11級の認定基準

1 交通事故における後遺障害等級認定

交通事故の損害賠償実務においては,自賠責保険における後遺障害等級認定に基づいて後遺障害に関する損害が算出されることになります。

自賠責保険における後遺障害は,自賠法施行令別表第1および第2に規定されており,後遺障害に応じて1級から14級までの等級があります。

等級は,1級がもっとも重く,順に2級,3級と軽くなっていき,14級がもっとも軽い後遺障害等級となります。

自賠責保険の後遺障害等級の内容は,労災保険における後遺障害別等級の内容とほぼ同じであり,認定に関しても労災保険に準拠しています。

2 後遺障害の等級が認定された場合

後遺障害の等級が認定された場合,認定された後遺障害等級に基づいて後遺障害に関する損害を算出することになりますが,後遺障害は認定された等級が高いほど,慰謝料や逸失利益が高額となっていきます。

また,高い等級が認定された場合は,将来の治療費や将来の介護費用も支払われる可能性があります。

3 交通事故による後遺障害を認定する機関

この後遺障害等級を認定する機関は,損害保険料率機構の下部組織である自賠責損害調査事務所です。

自賠責損害調査事務所は,被害者から提出された後遺障害診断書や画像所見等を参考にして,後遺障害等級に認定されるか否かを判断します。

4 後遺障害の併合11級とは

(1) 併合とは

自賠法施行令第2条第1項第3号には,自賠法施行令別表第二に定める後遺障害が2つ以上ある場合の取り扱いについて,以下のとおり規定されています。

1 別表第二第5級以上の等級に該当する後遺障害が二つ以上ある場合には,重い方の等級を3級繰り上げる。

2 別表第二第8級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には,重い方の等級を2級繰り上げる。

3 別表第二第13級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には,重い方の等級を1級繰り上げる

4 前期1.~3.以外の場合には,一番重い後遺障害の該当する等級を,2つ以上ある後遺障害の等級とする。

(2) 後遺障害の併合11級になる場合

以上の併合基準に照らすと,併合11級になる場合には,12級が1つと,12級ないし13級の認定がある場合か,11級と14級の認定がある場合になります。

5 後遺障害については交通事故に詳しい弁護士に相談を

交通事故に伴う後遺障害慰謝料について詳しい説明をお聞きになりたい方は,一度,当法人の弁護士までご相談いだければ幸いです。

ご不明な点がありましたら,どんなことでも構いませんので,安心して当法人の弁護士までお尋ねください。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

併合11級などの後遺障害が残った場合の慰謝料

交通事故により,系列を異にする二つ以上の身体障害を負ってしまうことがあります。

当ページではそういった場合の,特に「併合11級」と言われるものに関してご説明をしています。

どれくらいの後遺障害等級がつきそうかというのは,ご自分ではわからない場合がほとんどかと思います。

そうした時は,ぜひ,弁護士法人心にご相談ください。

こちらのページでご紹介している併合11級など,皆様にどれくらいの等級がつきそうかということを無料で診断させていただきます。

併合11級など,どのような等級がつくか,そもそも後遺症が残っていると認められるかどうかということによって,慰謝料の金額は大きく変わるおそれがあります。

そのため,適切な後遺障害の等級認定を受けることはとても大切です。

弁護士法人心には併合11級を含め後遺障害等級にくわしい弁護士が所属しています。

交通事故による慰謝料等に関して疑問やお悩みがある方はご相談ください。

交通事故にあったら

交通事故にあった時には,様々な「やっておいたほうがいいこと」と「やらないほうがいいこと」があります。

交通事故対応というのがとても大切なものだということはわかっていても,実際に交通事故にあってしまった時には混乱してしまい,頭が真っ白になってしまうことも多いですから,当サイトの情報をお読みになって行動のご参考にしていただければ幸いです。

また,時には当サイト書いていないことで,「これはやったほうが良いのか,やらないほうがいいのか」と迷うようなこと色々とが出てくることもあるかと思います。

示談交渉などにおいては,示された慰謝料などの金額が適切なものかがわからないなど,一人ではどうしたいいかわからないと感じることもあるかもしれません。

そのような時には,ぜひ弁護士法人心にご相談ください。

様々な交通事故案件の経験をもつ当法人が,皆様の交通事故に関する慰謝料等のお悩みに関してもしっかりとお聞きし,スムーズにご納得いただける形で解決できるよう,しっかりとサポートをさせていただきます。

お問合せ・アクセス・地図へ