評価損

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故による評価損

弁護士法人心の交通事故サイトをご覧いただきありがとうございます。

こちらのページでは,評価損についてご説明いたします。

交通事故に遭った車は,修理をしても,「事故車扱い」となり,販売価格が下がってしまいます。

このように,事故後修理によって物理的には元の状態に戻ったとしても,事故に遭ったことにより価値が下がってしまった分の損害を評価損と呼びます。

簡単にいえば,事故当時の車両価格と修理後の車両価格との差額が評価損ということになります。

しかし,事故当時の事故車両そのものの価格というのは,簡単には確定できませんし,修理後の車両価格についても,修理業者等によってその評価がまちまちであることから,容易に評価損を確定させることはできません。

また,過去の裁判では,評価損が認められなかったケースが少なくないこともあり,そもそも評価損が認められないということもあります。

評価損を決める際の考慮要素としては,初年度からの登録期間,走行距離,損傷箇所・損傷の程度,車種などが挙げられます。

裁判例をみると,国外車等,比較的車両価格が高いものについては評価損が認められる傾向にあります。

他方,国産車であっても,新車で使用期間が短いケースでは認められる可能性がやや高いといえます。

評価損の算定については,事故時の車両価格の何パーセントかを評価損と算定したものや,事故当時のあるべき時価から修理後の価値を控除して算定したものなどもありますが,裁判例上は,修理費の何パーセントかで算定をする事案が多いです。

割合的には,おおむね修理費の1割から3割程度と判断されるケースが多いです。

もっとも,このような割合はあくまで目安に過ぎず,個々の事案における細かい事情を適切に拾い上げ,主張を尽くすことによって,認定される評価損の額が増額される可能性はないわけではありません。

認められない可能性が高いからといってただちにあきらめるのではなく,一度専門家の意見を聞いたうえで検討してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人心では,交通事故の案件に特化した弁護士がご相談に対応いたします。

交通事故にあわれた方は,一度ご相談されてみてはいかかでしょうか。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故の評価損に関する裁判例

1 評価損とは

交通事故によって車両が損傷した場合,本来,修理費用が賠償されることによって,車両が損傷したことによる損害は填補されたものと考えられます。

しかし,修理をしても,完全に元の状態に戻すことができず,車両の外観や機能に欠陥が残ったり,事故歴のある車両として市場価値が下がったりすることから,車両の商品価値が下落する場合があります。

これを,評価損といいます。

2 評価損が認められるための判断基準

裁判実務においては,評価損が認められるかどうかを判断するにあたって,事故車両の車種,初度登録からの期間,走行距離,損傷の部位や程度,修理の程度等の事情を総合的に考慮しています。

新車であればあるほど,高級車であればあるほど,評価損が,認められやすい傾向にあります。

具体的な金額の算定方法は,事故当時の価格と修理後の価格との差額を損害額とする方法や,修理費の一定割合を損害額とする方法等,様々なものがあります。

一様ではありませんが,評価損を修理費の10%から30%程度と認定する裁判例が多くみらます。

3 評価損を肯定した裁判例

いわゆる赤い本に掲載されている裁判例を,判断基準とされた考慮要素をピックアップしてご紹介します。

⑴ 東京地判平成10年10月14日

・トヨタ・セルシオ,初度登録後3年弱,走行距離約4万3000㎞

・機能上の不具合あり

・修理費166万円余り

・修理費の2割相当の33万円余の評価損を認めました。

⑵ 東京地判平成12年3月29日

・ベンツ,新車引渡しから20分後,新車価格722万5000円

・修理したと仮定した場合の査定額は401万6000円

・中枢部への影響が危惧される衝撃があった

・修理費の約4割に相当する135万円の評価損を認めました。

⑶ 大阪地判平成12年9月6日

・BMW,初度登録後2年4か月,走行距離約1万5148㎞,時価約263万円

・修理費見積り額は230万円

・日本自動車査定協会の査定額37万6605円をもって評価損と認めました。

⑷ 大阪地判平成24年3月23日

・トヨタ・レクサス(リース車両),初度登録後2年4か月,走行距離約4万8315㎞,時価約800万円超

・修理費189万円4116円

・損傷は,左側面の全部・後部,右前部のほか,ルーフパネル部,足回り構成部品にも及んだ

・60万円の評価損を認めました。

4 評価損を否定した裁判例

⑴ 東京地判平成15年8月28日

・フォルクスワーゲン・ゴルフ,初度登録後2年弱,走行距離4万5814㎞

・主な損傷は左リアドア,左リアホイール付近に集中しており,部品交換によって完全に修復する

・査定書による査定価格は,いわゆる修復歴減点の基準など,価格査定の根拠及び妥当性が必ずしも明らかではないとして,その査定価格を採用することはできない

・損傷の部位及び程度について,比較的軽微な損傷を受けたにとどまるとして,評価損を否定しました。

⑵ 大阪地判平成10年12月24日

・外車(車種は不明),初度登録後7年,走行距離約6万㎞

・修理費の当初の見積もりは約104万円であるが,左前の前照灯付近に損傷を受けたにとどまり,修理の内容も,フロントバンパー,スポイラー,左ヘッドランプの取り替え,ボンネットの板金などにとどまるとして,評価損を否定しました。

⑶ 東京地判平成10年3月24日

・メルセデスベンツ300CE,初度登録後5年,購入後の走行距離2512㎞

・修理費59万1700円

・主として車体右側部に損傷を受け,右フロントフェンダー,右フロントホイル,ショックアブソーバー,スピンドル,ハブ等の脱着交換等にとどまり,右修理によっては走行自体に影響がないとして,評価損を否定しました。

⑷ 神戸地判平成9年10月28日

・普通乗用自動車(車種は不明),初度登録後6年

・修理費100万円程度

・車を買い替えたところ,本件事故にあった車ということでその下取価格が低く評価された

・評価損は,修理しても完全に修理できなかった場合や,初度登録後1年程度以内に事故により損傷を受けた場合に認められるところ,本件はこれらに当たらないとして,評価損を否定しました。

5 交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

評価損については,裁判実務における判断基準を踏まえて,個別の事情を主張・立証をすることで一定程認められることも少なくありません。

評価損が問題となりそうな場合には,交通事故に詳しい弁護士に相談されるとよいでしょう。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ