自賠責保険の重過失減額

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

自賠責保険の重過失減額

こちらでは,自賠責保険の重過失減額についてご説明いたします。

説明の前提として,まず,自賠責保険についてご説明いたします。

自賠責保険は,被害者救済の観点から強制加入とされている保険です。

交通事故が発生した場合,交通事故の被害者は,加害者が加入している自賠責保険から,治療費や通院交通費,休業損害,慰謝料などを補償してもらうことができます。

ただ,自賠責保険の補償は,上に挙げた治療費,慰謝料などの人的損害しか補償されませんし,車の損害などの物的損害については対象外となっています。

また,自賠責保険の補償の上限は,後遺障害などがなければ120万円,後遺障害が認定された場合には,それに加えて各等級に応じた定額の補償となっています。

もっとも,交通事故は,追突などを除いて,一方が被害者,他方が加害者と明確に分けられるものではありません。

よく「1:9」,「2:8」などといった話を聞くことがあるかもしれませんが,これは,「過失割合」という,交通事故発生の責任について,双方にどれだけの責任があるのかという割合を示したものです。

例えば9割自分に責任がある交通事故でも,1割は相手に責任があるわけですから,1割は被害者であると言うこともできます。

自賠責保険では,このような場合でも,被害者救済の観点から補償を受けることができます。

ここで出てくるのが,重過失減額です。

被害者保護の観点から補償は受けることができるけれども,それなりに過失が大きい場合には,まったく同様の補償を受けられるわけではないということです。

具体的には,後遺障害がない場合には,過失割合が7割以上あると認められる被害者は,上限額は2割減額されることになります。

後遺障害が認定された場合及び死亡事故の場合には,過失割合が70%以上の場合には2割減額,80%以上の場合には3割減額,90%以上の場合には5割減額されることになります。

ただ,逆にいえば,過失割合の大きい方であっても,自賠責保険による補償を受けられる可能性があるということです。

弁護士法人心では,様々な交通事故の相談を承っております。

交通事故を起こしてしまったが,自分が全面的に悪いわけではなく,しかも怪我もしているという方は,一度弁護士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ