交通事故被害者の方,保険会社の対応に不満はありますか?|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害者の方保険会社の対応に不満はありますか?

交通事故に強い弁護士が相談にのります!

我々は,これまでにたくさんの交通事故被害者の方からのご相談をうけさせていただきました。

ご相談に来られるお客様の方の被害状況は,多種多様です。

示談案に不満

お客様の中には,相手方保険会社からの示談案をご持参される方も少なくありません。

交通事故の事件解決に強い弁護士である我々の目で,その示談案を検討させていただきますと,ほとんどの場合,そのお客様が本来もらえるはずであろう金額の賠償額が提示されていないのです。

すなわち,損害賠償額が不当に低く抑えられているのです。

それが原因で,お客様の多くは不満を持たれています。

治療費打ち切りの不満

お客様は,交通事故で被害にあわれた方であるので,お身体(からだ)に痛みが残っていらっしゃいます。

お忙しい中,お身体が痛む中,週に何回も病院に通われている方がほとんどです。

そのような時間や労力を費やしてまでも,病院に通い続けているのに,突然,一方的に相手方の保険会社から治療費を打ち切られたというご相談も多くあります。

この時点で,我々弁護士にご相談してくだされば,治療費の打ち切りの延長を交渉したりすることも可能なのですが,このタイミングを逃しますと,治療費を保険会社から回収することはかなり難しくなってきます。

治療費が打ち切られた方は,治療費の負担を,今度はご自身でしなくてはなりません。

まだお身体の痛みが残っていらっしゃるのに,治療費打ち切りのタイミングで通院をやめてしまう方も少なくありません。

通院をやめてしまいますと,もし後遺障害が残ってしまった場合には,後遺障害の認定でもかなり不利な取扱いを受けてしまう可能性が大きいです。

主婦の方にも休業損害は認められます!

また,保険会社が賠償金額を低く抑えようとする手法として,主婦(専業主婦,兼業主婦)の方には,休業損害(けが,痛みや通院などのために仕事を休んだことや事故前のようにスムーズに家事ができなくなったことによる損害)を出さないということが多々あります。

主婦の方も,立派に家事労働をされていらっしゃいます。

ただ,お給料をもらっていないだけであって,本来は家事労働もお金をもらえてしかるべき労働であることにはかわりません。

ですから,主婦であるからといって,

「仕事を休んだことにはならないからしょうがない・・・。」

「休業証明をしてくれる人がいないから休業損害はムリだろうな・・・。」

などと諦めてしまうのはまだ早いです。

皆様の適正な賠償額を弁護士が算定し,その適正な額を相手方に請求していきます。

我々弁護士が,相手方と交渉することで,お客様に適正な賠償額が支払われるように我々がしっかりとサポートさせていただきます。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

示談に同意する前に

交通事故の被害にあうと,一般的には加害者と直接やりとりをするのではなく,加害者の方が加入している保険会社と治療費などについてのやりとりをすることになります。

相手がこういった被害者の方とのやりとりに慣れているプロで,交通事故の知識も豊富であるのに対して,被害者の方の多くはこのようなやりとりに慣れていませんし,あまり示談などに関する知識があるわけでもありませんので,時に相手に言われるままに示談に同意してしまったり,通院をやめてしまう場合があります。

もちろん,条件に納得して示談に応じたり,ケガが治ったから通院をやめたりしたというのであれば良いのですが,そうでないのであれば,示談に同意する前にぜひ一度当法人にご相談ください。

ご相談いただくことで,納得のいく賠償金を受け取ることができたり,必要な分の治療を受けられるようになる可能性があります。

また,自分の提示されている賠償額が適切なものであるかどうかわからないという場合にも,当法人にご相談いただきたいと思います。

当法人では賠償額無料診断サービスを行っておりますので,こうした交通事故の賠償額などについて詳しい弁護士やスタッフが,皆様の提示された賠償について適切なものであるかどうかの診断をさせていただきます。

後遺症・後遺障害が残ってしまった場合には,等級認定のサポートなどもさせていただくことが可能です。

交通事故の保険会社対応に関してお困りの方は,ぜひ当法人にご相談ください。

任意保険会社の対応

交通事故に遭った場合,加害者側の任意保険会社が窓口対応をしてきます。

任意保険会社は,医療照会の同意書・通院証明書・休業損害証明書・物品自認書などの書類を郵送してきたり,月1回程電話を掛けてきて治療状況を確認してきたり,治療費の打ち切りを話してきたりしてきます。

任意保険会社の担当者によっては,高圧的に接する担当者や強行的に打ち切りを進めてくる担当者など,極めて不誠実な対応してくることもあります。

たとえ,不誠実な担当者であっても,被害者の方はその担当者と連絡を取り合わなければならず,ここにストレスを感じる被害者の方も多かれ少なかれいらっしゃいます。

被害者の方から弁護士へ窓口の切り替え

ここに弁護士を依頼するメリットがあります。

すなわち,弁護士に依頼した場合は,このようなストレスを感じずに済みます。

通常,弁護士に依頼した場合は,弁護士から加害者側の任意保険会社に対して受任通知という書面を送付します。この受任通知には,「今後の連絡は当職までお願いいたします。」など,加害者側の任意保険会社から被害者の方へ連絡をすることを差し控える旨の内容が含まれております。

それゆえ,被害者の方は,任意保険会社と連絡せずに済み,上述のようなストレスを避けることが可能になります。

弁護士によるアドバイス

また,任意保険会社から治療費の打ち切りの話を受けて了承したり,治療費が元々支払われなかったから,症状を我慢して病院に行かなかったりなど,後から取り返しのつきにくいことをされている方々もよく相談に来られます。

治療費の打ち切りの打診があったとしても,症状によっては治療費の立替期間が延びることもあります。

また,交通事故から数か月後に病院に行ったとしても,症状と交通事故との因果関係を否定されることがほとんどです。

このように,後から取り返しのつかない事をしてしまう前に,まず,弁護士にご相談ください。

弁護士法人心では,交通事故の法律相談料を無料としておりますので,お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ