交通事故被害者―弁護士基準の慰謝料請求をするためには

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害者弁護士基準慰謝料請求をするためには

交通事故での治療が終了した段階で,被害者は,加害者,大抵の場合は加害者の加入する任意保険会社(ここでは任意共済も含むものとして扱います)と示談の話をすることになります。

示談の際によく問題となるのが慰謝料です。

慰謝料は,事故によって被った精神的苦痛に対する賠償とされます。

精神的苦痛をどのようにして算定するのか疑問に思われるかもしれませんが,実際のところは傷病の程度,入通院期間,入通院日数等に応じて算定する実務が確立しており,いわゆる慰謝料の相場が形成されています。

ところで,自賠責保険(ここでは自賠責共済も含むものとして扱います)では,慰謝料を入通院1日当たり4200円とし,これに実際の入通院日数を乗じて算出します(入通院期間を超えない限り2倍まで認められます)。

任意保険会社が,被害者に対して,最初に提示する慰謝料のほとんどはこの自賠責基準に基づくものです。

なぜなら,自賠責保険は強制保険である性質上,最低限の賠償基準を定めるものでしかないことに加え,自賠責基準で示談できると,任意保険会社は基本的に自賠責保険から全額回収することができるからです。

これに対して弁護士基準とは,これまでの交通事故における裁判例の蓄積も踏まえたものであって,本来あるべき賠償基準として自賠責基準よりも高めに設定されていることが多いです。

弁護士基準は,弁護士だけが使えるというものではないため,被害者自身が書籍・インターネット等で調べて弁護士基準での慰謝料を算定・請求することもできますが,任意保険会社がこれに応じることはほとんどありません。

私見としては,任意保険会社の本音はできる限り支払いを少なくしたいということにあるところ(任意保険会社の論理によれば「適正支払い」ということですが),被害者本人の請求を拒んでも,本人訴訟まで移行することは少なく,移行した場合でも主張・立証が不十分であることが多いことから,軽く見ているのではないかと推測します。

そのため,慰謝料を弁護士基準にするには,弁護士に委任して,その弁護士を通じて行うのが最も効果的です。

弁護士基準で算定すると,自賠責基準からどの程度増加するのかわからないという場合は,その見込みを弁護士に相談するとよいでしょう。

弁護士法人心は,そういった被害者の方からの相談に無料で対応させていただいておりますので,ぜひご活用いただきたいと思います。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

被害者の方のご負担を減らします

交通事故被害者の方にとって,相手方の保険会社とやりとりをするというのは負担の大きいことです。

お仕事や通院などでお忙しい中時間をとられるということももちろん,慰謝料の話になると納得がいかないことも出てくることがあり,精神的にはさらに負担になるのではないでしょうか。

交通事故に関して相手が皆様よりも知識を持っていることがほとんどであるため,提示された金額に納得がいかなかったとしても,「こういうものか」と受け入れざるをえない場合も多いかと思います。

弁護士法人心にご依頼をいただいておきますと,そうしたご負担を大幅に減らすことも可能になります。

保険会社との交渉にあたって窓口になることができますし,また,交通事故や慰謝料のことに詳しい者が皆様を担当させていただきますので,慰謝料が大幅に上がるということもありえます。

できるだけご負担の少ない状態で適切な賠償を得るためにも,ぜひ当法人にご相談ください。

ご相談はお気軽に

当法人にご相談いただくにあたっては,弁護士費用特約が利用できますし,それがついていない方であっても相談料・着手金は原則0円とさせていただきます。

また,当法人ではお話をお聞きし,見通しや費用のことをご説明してから改めて契約をするかどうかをお考えいただいており,当然のことながら「相談したら絶対に契約をしなければならない」ということはありませんので,安心してご相談いただけるかと思います。

また,皆様のお住まいの場所や皆様の状況,ご希望によっては,ご来所いただいての相談に限らず電話での相談も可能です。

保険会社とのやり取りに限らず,適切な通院先の選び方や検査の受け方,対応にあたって気をつけておいた方がいいことなど,多くの方が疑問に思う点をわかりやすくご説明させていただけるかと思いますので,ぜひご予約のお電話をおかけください。

示談交渉の際の基準

交通事故に遭われた時,お怪我の治療費や休業補償等,ご不安に思われることがたくさんあるかと思います。

その中でも慰謝料についてはわからないことも多く,ご不安に思われる方が多いのではないでしょうか。

交通事故の損害の1つとされる「慰謝料」は,事故によって負った精神的な苦痛に対する賠償のことを指します。

本来,精神的な苦痛に対する賠償というのであれば,被害者の方それぞれが思う金額であるべきとも思えますが,実務上は,「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つの基準があるとされています。

1つ目の「自賠責基準」とは,みなさんが車やバイクの運転をする際に加入を義務付けられている自動車賠償責任保険による支払い額算出の基準となっています。

自賠責保険の基準では,慰謝料を入通院1日あたり4200円とし,実際の入通院の日数に応じて計算されます。

基本的に自賠責保険は,交通事故被害者に対して最低限の保障をする制度ですので,これによって算出される金額はかなり低いものとなっています。

しかし実際に相手方の保険会社から最初に提示される慰謝料が,自賠責基準によるものであることも少なくありません。

2つ目の「任意保険基準」は,それぞれの任意保険会社が独自に設けている基準であり,1つ目の「自賠責基準」と3つ目の「弁護士基準」の間の金額が設定されています。

こういった基準は,事案によってケースバイケースで対応するためにそれぞれの保険会社があらかじめ設定しているもので,保険会社によって算出方法が異なります。

3つ目の「弁護士基準」は,過去の多数ある裁判の蓄積や裁判所の考え方を参考に,裁判をした場合を見込んだ高めの設定となっており,通常弁護士は示談交渉の際にもこの基準を使います。

「弁護士基準」といっても,この基準は弁護士だけが使うことができるというわけではなく,被害者本人が相手方の保険会社に対して,弁護士基準の慰謝料を請求することは可能です。

しかし,相手方の任意保険会社がそういった請求に応じることはほぼないでしょう。

なぜなら保険会社は,素人が相手であれば裁判を起こされる可能性は低いと考えており,だからこそ自賠責基準による最低額を提示してくるのです。

しかし,相手が弁護士となると,弁護士は裁判をすることを厭わないため,示談交渉のベースとなる基準を,相手方保険会社が当初提示していた自賠責基準,もしくは任意保険基準から弁護士基準に引き上げてくることが少なくないのです。

ベースとなる基準の引き上げにより,場合によっては大きな増額の余地がある可能性があります。

そういった増額の余地があるのかどうかがわからなければ,一度弁護士に相談してみるとよいかと思います。

弁護士法人心では,交通事故でお困りの方の救済に力を入れており,そういったご相談にも無料で対応させていただいておりますので,お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ