高齢者や子どもの死亡事故とその慰謝料|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

高齢者や子どもの死亡事故とその慰謝料

このページでは,高齢者・子どもが亡くなった場合の死亡慰謝料について説明させていただきます。

死亡事故の場合は,加害者に対して,葬儀代などの他に,死亡逸失利益と死亡慰謝料といった損害を請求することができます。

まず,死亡慰謝料は,「民事甲津事故訴訟損害賠償額算定基準」(赤い本)や「交通事故損害額算定基準-実務運用と解説-」(青い本)を参考にして判断されます。

赤い本の場合は,「一家の支柱」が亡くなった場合は2800万円,「母親」・「配偶者」が亡くなった場合は2400万円,「その他」が亡くなった場合は2000万円~2200万円という基準なります。他方,青い本の場合は,「一家の支柱」が亡くなった場合は2700万円~3100万円,「一家の支柱に準ずる者」が亡くなった場合は2400万円~2700万円,「その他の者」が亡くなった場合は2000万円~2500万円という基準になります。

このように,赤い本と青い本とでは異なった分類をしております。

では,「高齢者」や「子ども」が亡くなった場合はどういう基準になるでしょうか。

「高齢者」や「子ども」が亡くなった場合は,基本的には「その他」にあたります。

したがって,赤い本によると,2000万円~2200万円が一つの基準となり,青い本によると,2000万円~2500万円という基準になります。

とは言っても,遺族の方からすれば,当然,「基準で計算すると,○○○○万円が一つの相場になります。」と説明されたところで,「なぜ,人が一人死んでいるのに・・・。」と,到底納得のできるものではないと思います。

このような場合は,被害者の人物像,生活状況,被害者を亡くしたことによる精神的苦痛,加害者に対する心情などを個別・具体的に主張して,戦っていくことになります。

例えば,裁判例の中では,「子ども」が亡くなった場合,死亡慰謝料として,2800万円を認定している事例もあれば,2900万円を認定した事例もあります。

他方,高齢者が亡くなった場合でも,死亡慰謝料として,2300万円を認定している例や2400万円を認定している例もあります。

したがって,死亡事故の場合は,裁判にて,個別・具体的に被害者側が被った精神的苦痛を主張していくことで,赤い本や青い本の基準を大きく上回る可能性があります。

繰り返しになりますが,赤い本や青い本には死亡慰謝料の基準が記載されています。しかしながら,これはあくまでも一つの基準に過ぎません(赤い本にも「本基準は具体的な斟酌事由により,増減されるべきで,一応の目安を示したものです。」と記載されております。)。

まずは,一度,弁護士にご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ