死亡事故の慰謝料の相場とその計算方法|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

死亡事故の慰謝料の相場とその計算方法

1 交通事故で身近な方が交通事故に遭ったとき(死亡事故)

交通事故により身近な方が亡くなった場合,残された方々は大変お辛い気持を抱えていらっしゃることと思います。

お辛い気持の中,保険会社と損害賠償金のお話をすることはなかなか難しいかもしれませんが,亡くなった方の命や人生を金銭的に過小評価されないためにも,また,残されたご遺族の生活の補償を確保するためにも,適正な賠償金を獲得することが大切です。

2 死亡事故の場合の請求

死亡事故の場合であっても,交通事故の損害賠償金として,慰謝料を請求することができます。

種類としては2種類あり,一つが①亡くなった方固有の慰謝料,もう一つが②亡くなった方の近親者の慰謝料です。

3 3つの基準

慰謝料の計算方法には,①自賠責基準と②保険会社基準,③裁判所基準(弁護士基準)の3つの基準があります。

⑴ 自賠責基準

強制加入保険である,自賠責保険が定める算定基準です。

自賠責保険は,交通事故の被害者に最低限の賠償を確保するために設けられたものであり,支給金額も最低限の金額に設定されています。

⑵ 任意保険会社基準

任意保険会社が独自に定める算定基準です。

この基準は,各保険会社で異なることもあり,具体的な計算方法は通常外部には公開されていないことが多いです。

多くの場合で,自賠責基準と同等かやや高額に設定されていますが,後述の裁判所基準よりは低額に抑えられた,中間的な基準となっています。

⑶ 裁判所基準

裁判所が判断した場合に認められるであろう算定基準です。

弁護士基準とも呼ばれます。

弁護士や裁判所が使用している「赤い本」という本がありますが,この本に記載されている基準が裁判所基準となります。

3つの基準に基づく金額はそれぞれ異なりますので,どの基準で請求するかが重要となります。

4 計算方法と相場

⑴ 亡くなった方固有の慰謝料

  1. ア まず自賠責基準で計算した場合,350万円となります。
  2. イ 任意保険会社の基準は,任意保険会社が判断し計算した金額となります。
  3. ウ 裁判所基準ですと,あくまでも目安とはなりますが,一家の支柱の場合2800万円,母親・配偶者の場合2400万円,その他の場合は2000万円~2200万円が相場となります。

    上記金額は,後述する近親者の慰謝料を含めた合計金額と考えられています。

    裁判所基準の上記の金額はあくまでも目安ですので,様々な事情を考慮した上で具体的な金額を算定します。

⑵ 亡くなった方の近親者の慰謝料

  1. ア 自賠責基準ですと,請求権者が1人の場合550万円,請求権者が2人の場合650万円,請求権者が3人以上の場合750万円となります。

    自賠責基準では,請求権者は一定の人に限られています。 具体的には,被害者の父母,配偶者及び子に限定されています。

    なお,亡くなった方に扶養されている方がいる場合には,200万円の加算がされることがあります。

  2. イ 任意保険会社の基準は,任意保険会社が判断し計算した金額となります。
  3. ウ 裁判所基準では,自賠責基準とは異なり,請求権者は必ずしも被害者の父母や配偶者,子に限定されるものではなく,具体的事情に照らして判断されます。

    その金額も具体的事情を考慮して決定されるべきこととなりますが,上述のとおり,亡くなった方の固有の慰謝料と合計して,一家の支柱の場合2800万円,母親・配偶者の場合2400万円,その他の場合は2000万円~2200万円前後に調整するのが裁判所の一般的な取り扱いとなっています。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

弁護士等の専門家

損害賠償金(示談金)

後遺障害

高次脳機能障害

むち打ち

過失

治療

保険

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ