交通事故で被害者が亡くなった場合の葬式代|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

交通事故で被害者が亡くなった場合の葬式代

1 交通事故で被害者がなくなった場合,葬式代の請求ができる?

交通事故で被害者が亡くなった場合,被害者の相続人は,加害者に対して,葬式代を請求することができます。

もっとも,葬式代は交通事故に遭わなかったとしても,いずれ支出するものなので,必ずしも請求した葬式代すべてが認められるわけではなく,一定に基準に沿った金額に限って認められています。

2 裁判所の基準

現在の裁判所は,原則として150万円の葬式代を認めています。

しかし,実際に支出した葬式代が150万円を下回る場合には,その金額に限って認めています。

もっとも,裁判例の中には,150万円を超える葬式代を認めたものもあります。

例えば,大手監査法人に勤務していた男性が死亡した事案において,被害者の身上等に照らして,葬儀を十分に手厚くすることは無理からぬとして,250万円の葬式代を認めたものもあります。

3 遺体運搬料,遺体処置は請求できるのか

裁判所が原則150万円まで認める葬式代には,葬儀やその後の法要・供養等を執り行うために要する費用,仏壇・仏具購入費,墓碑建立費用は含まれますが,遺体運搬費用,遺体処置費は含まれません。

遺体運搬費用,遺体処置費は,葬式とは直接に関係がない費用であるため,葬式代とは別に請求することができます。

例えば,裁判例の中には,葬式代150万円の他に,遺体運搬費用業務一式の費用として66万円9450円を認めたものがあります。

4 交通事故によりご家族が亡くなられてお困りの方は,弁護士法人心まで

ご家族が亡くなられた場合,加害者にどのくらいの金額を請求できるのか,分からない方が多いかと思います。

弁護士法人心では,交通事故を集中的に取扱う交通事故チームの弁護士が,個々の具体的なケースについて,どのくらいの金額を請求できるのかを詳しくご説明させていただきます。

交通事故のご相談は無料なので,交通事故によりご家族が亡くなられてお困りの方は,お気軽に当法人までご連絡ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

弁護士等の専門家

損害賠償金(示談金)

後遺障害

高次脳機能障害

むち打ち

過失

治療

保険

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ