交通事故で被害者が亡くなった場合の葬式代|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故で被害者が亡くなった場合の葬式代

1 交通事故で被害者がなくなった場合,葬式代の請求ができる?

交通事故により,被害者の方がなくなられた場合,当然多くの場合お葬式をします。

この場合,相手方に対して,葬式にかかった費用について賠償を請求することはできるのでしょうか。

2 自賠責保険の基準

被害者に対する最低限の補償を目的とした自賠責保険では,交通事故によって被害者が死亡し,葬式が必要になった場合には,葬儀代を損害額として認める運用がされています。

自賠責保険の基準では,葬儀代は,原則として60万円であり,立証資料等により60万円を超えることが明らかな場合は,100万円の範囲内で必要かつ妥当な実費を認めるとされています。

3 弁護士基準

交通事故で被害者の方が亡くなられた場合,弁護士基準(裁判基準)では,原則として150万円まで損害額として認定される傾向にあり,これを下回る場合にはその実費が損害として認められています。

葬式の際に受け取った香典については損益相殺という形で損害額から差し引かれない一方で,香典返しは損害とは認められていません。

過去の裁判例においては,仏壇・仏具購入費や墓碑建立費を別途損害と認めた事例や遺体搬送料・遺体処置費等を葬儀代と別に損害と認めた事例もあり,150万円以上の損害を認定したものもあります。

4 交通事故によりご家族が亡くなられてお困りの方は,弁護士法人心まで

弁護士法人心では,交通事故を集中的に取扱う交通事故チームの弁護士が,個々の具体的なケースについて,どのくらいの金額を請求できるのかを詳しくご説明させていただきます。

お気軽にご相談ください。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ