付添人の交通費|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

付添人の交通費

1 通院のための交通費

交通事故により受傷した被害者の方が通院をするための交通費については,通院に必要な範囲で加害者に請求することができます。

電車やバスといった公共交通機関を利用した場合には実費を請求できますし,自家用車を利用した場合には実費相当額を請求することができます。

また,受傷の程度などの事情によってはタクシー代を請求することもできます。

2 付添人の交通費

ただ,被害者の方が幼い子供であったり,大人であっても受傷の程度が重かったりすると,1人での通院は困難なために付添が必要となることがあります。

通院の方法が,自家用車やタクシーであれば,付添人のための交通費は発生しませんが,電車やバスを利用した場合には付添人のための交通費が発生することになります。

そこで,通院にあたり付添が必要であると認められれば,付添人の交通費についても加害者に請求することができることとされています。

また,通院の付添に限らず,被害者の方が入院等をしている場合であっても,ご家族等の付添が必要となることがありますが,そのような場合も,付添人の交通費を請求することが可能です。

付添人の交通費が加害者に請求できる損害として認められるかどうかは,個別の事情によって判断されますが,その際には付添が必要であったという事情がとても重要となります。

一般的には,被害者の方の症状が重篤であればあるほど,その必要性は認められる傾向にあります。

3 付添人の交通費が争われることも

もっとも,入院や通院にあたって付添が必要となるようなケースでは,入院付添費や通院付添費という名目でも損害賠償請求がなされるため,これらを請求している場合には付添人の交通費は入院付添費・通院付添費に含まれているといって争われるケースもあります。

付添人の方の交通費はもちろんですが,交通事故の被害に遭われた場合には,休業損害,慰謝料や過失割合など,加害者側と交渉しなければいけないこともあるため,その全てをご自身で解決するのは大変ではないでしょうか。

これらの問題でお悩みの方は,是非一度,弁護士法人心の弁護士にご相談ください。

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

交通事故の損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ