交通事故における民事裁判と刑事裁判の違い|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「その他」のお役立ち情報

交通事故における民事裁判と刑事裁判の違い

1 民事裁判と刑事裁判は別もの

交通事故を起こすと,通常,加害者は,民事責任と刑事責任を負うことになります。

この2つの責任は,一つの裁判の中で同時に追及されるわけではなく,民事責任は民事裁判において,刑事責任は刑事裁判において,別々に追及されることになります。

そこで,以下では,交通事故における民事裁判と刑事裁判について,それぞれご説明したいと思います。

2 交通事故における民事裁判

交通事故における民事裁判では,加害者が被害者に対して,発生した損害を賠償する義務を負うか否か(損害賠償責任の有無),発生した損害を賠償する義務があるとしてもいくら賠償すべきなのか(損害賠償責任の範囲)が審理されることになります。

実際の交通事故の民事裁判では,例えば,「被害者の主張している損害は交通事故とは関係ないのではないか。」として損害賠償責任の有無が争われたり,「被害者の主張している慰謝料額は高すぎるのではないか。」として損害賠償責任の範囲が争われたりします。

交通事故の民事裁判は,通常,交通事故の被害者が加害者を訴えるという形で始まります。

3 交通事故における刑事裁判

交通事故における刑事裁判では,交通事故の加害者が刑罰を受けるべきか否か,刑罰を受けるとしてどの程度の重さとすべきか,といったことが審理されます。

交通事故の刑事事件でよく問題となる罪名には,危険運転致死傷罪,過失運転致死傷罪などがあります。

交通事故の刑事裁判は,民事裁判の場合と異なり,被害者が加害者を訴えるのではなく,検察官が加害者を起訴することによって始まります。

4 交通事故に関してお困りの方は弁護士へご相談を

上記のとおり,交通事故における民事裁判と刑事裁判には,損害賠償責任を扱うものか,刑罰を扱うものかという違いがあります。

交通事故に関してお困りの方は,一度,交通事故に詳しい弁護士に相談してみることをおすすめいたします。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア