交通事故被害者のご家族へ-成年後見申立の手続|交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故被害者のご家族へ-成年後見申立の手続

1 成年後見人とは

成年後見制度とは,何らかの理由で,本人が自ら利益・不利益を判断する能力を欠いた場合に,本人や家族などが家庭裁判所に申し立てることで,本人の意思決定をサポートする人をつけてくれる制度のことをいいます。

2 交通事故と成年後見制度の関係とは

交通事故によって,不幸にも,高次脳機能障害を生じる場合があります。

高次脳機能障害とは,脳の損傷によって,失語,記憶障害,注意力や集中力の低下,行動を抑制する能力が低下するなどを生じうる障害のことをいいます。

このような障害を生じた場合,本人が加害者や加害者の保険会社に対して,損害賠償請求をしようとしても,ご自身では判断能力が失われているため,満足に請求することができません。

そこで,賠償金の請求や,その管理のために成年後見人を選任し,長期的に本人をサポートしていく環境作りが必要となります。

3 成年後見制度の申立てに必要となる書類とは

家庭裁判所に対して,後見開始の審判を申し立てるためには,成年後見人候補者を決めたうえで,戸籍謄本,住民票,成年後見に関する登記事項証明書,身分証明書や,本人の財産と収入・支出を関係者から事情聴取し,資料を集めて財産目録と収支状況報告書を作成しなければならない他に,申立事情説明書,後見人候補者事情説明書,などをそろえなければなりません。

4 弁護士法人心の取り組み

成年後見制度をご検討されているご家族の方は,これまで普段通りの生活を送られていたご家族が,突然,大変な事態になってしまい,とても心を痛められていることだと思います。

私たち,弁護士法人心は,そのようなご家族の方に親身になって寄り添い,最終的な解決まで,尽力いたします。

上記のような書類を集め,作成し,申立手続きも,当法人の弁護士が,ご家族の皆様に代わって行います。

また,保険会社との示談交渉も,当法人の経験豊富な弁護士が,ご家族が納得されるまで,熱心かつ真摯に示談交渉に取り組ませていただきますので,ご心配される必要はありません。

ぜひ,お気軽に当法人へご相談ください。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ