診断書|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心まで

お問合せ・アクセス・地図

全国対応

診断書

適切な等級認定を獲得できるか否かは,後遺障害診断書に何が記載されているかで決まってしまいます。

多くの交通事故被害者の方は,深く考えることなく,後遺障害診断書を医師に作成してもらっています。

その結果,適切な等級認定が受けられない,そんな方もいらっしゃいます。

後遺障害診断書は,通常の診断書とは違い,書くべきことが非常に多いのです。

ただでさえ忙しい医師に,そんなに多くのことを書く暇があるでしょうか。

通常の診断書とは違う後遺障害診断書についてよく知っているでしょうか。

医師が書いた後遺障害診断書の中には,後遺障害の等級認定を獲得するために必要な情報がほとんど書いていないものもあります。

当然,そのような診断書では,なかなか適切な等級認定を取ることはできません。

仮に等級が取れたとしても,相手方の保険会社から,実際の影響はそれほどないはずだなどといわれ,損害賠償額を減らされてしまう可能性もあります。

これにより,適切な等級認定がされず,きちんとした補償を受けられない被害者が多くいるのです。

このようなことにならないようにするためには,きちんとした知識を持っていなければなりません。

少しでも不安がある場合には,専門家に相談すべきです。

私たちにご相談いただいた場合には,知識と経験を活かしてアドバイスいたします。

ページ上部へ