聴力障害|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心まで

お問合せ・アクセス・地図

全国対応

聴力障害

症状例:耳の聞こえが悪い

耳の聴力障害は,4級3号から14級3号までの等級が認められます。

耳の聴力障害は,両耳の聴力に関するものと,片耳の聴力に関するものの2つがあります。

両耳の聴力障害

両耳の聴力障害は,次の表のとおり,4級3号から11級5号までの等級が認められます。

4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6級4号 1耳の聴力を全く失い,他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
7級2号 両耳聴力が40cm以上の距離では,普通の話声を解することができない程度になったもの
7級3号 1耳の聴力を全く失い,他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することがでない程度になったもの
9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり,他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

片耳の聴力障害

片耳の聴力障害は,次の表のとおり,9級9号から14級3号までの等級が認められます。

9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11級6号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

両耳の聴力レベルと最高明瞭度との組み合わせによる認定基準一覧表

両耳聴力 最高明瞭度
30%以下 50%以下~30%超 70%以下~50%超
90dB以上 - -
90dB未満~80dB以上 4級3号 - -
80dB未満~70dB以上 6級3号 - -
70dB未満~60dB以上 7級2号 -
60dB未満~50dB以上 9級7号
50dB未満~40dB以上 10級4号

耳の聴力レベルと最高明瞭度との組み合わせによる認定基準一覧表

1耳聴力 最高明瞭度
50%以下
90dB以上 -
90dB未満~80dB以上 -
80dB未満~70dB以上 -
70dB未満~60dB以上 11級6号
60dB未満~50dB以上
50dB未満~40dB以上 -

聴力検査の方法

後遺障害等級認定のための聴力検査は,純音聴力検査及び語音聴力検査により行います。

純音聴力検査は,オージオメーターを使用し,気導聴力検査と骨導聴力検査の2つが実施されます。

語音聴力検査は,スピーチオージオメーターを使用し,語音聴取閾値検査と語音弁別検査が実施されます。

聴力検査は,原則として症状が固定した後に日にちを変えて3回行います。

語音聴力検査については,検査結果が適正と判断できる場合には,1回のみで終わることもあります。

聴力検査と聴力検査との間は,7日間程度あけることとされています。

純音聴力検査は,2回目の測定値と3回目の測定値の平均値で障害等級の認定を行います。

2回目と3回目の測定値の間に10dB以上の差がある場合には,さらに聴力検査を重ね,2回目以降の検査の中で,その差が最も小さい2つの測定値の平均純音聴力レベルにより後遺障害等級の認定を行います。

平均純音聴力レベルは,周波数を変えて,500ヘルツ,1,000ヘルツ,2,000ヘルツ及び4,000ヘルツの4種類の音に対する聴力レベルを測定し,次式により求めます。

(A+2B+2C+D)÷6

(注)

A:周波数500ヘルツの音に対する純音聴力レベル

B:周波数1,000ヘルツの音に対する純音聴力レベル

C:周波数2,000ヘルツの音に対する純音聴力レベル

D:周波数4,000ヘルツの音に対する純音聴力レベル

部位別の症状【障害】

ページ上部へ