流涙|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心まで

お問合せ・アクセス・地図

全国対応

流涙

症状例:涙がこぼれる

涙小管断裂による常時の流涙は,1眼の場合は14級が認定されます。

両眼の場合,12級が認定されます。

14級 涙小管断裂により常に流涙が認められるもの

部位別の症状【障害】

ページ上部へ