下肢の短縮障害|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心まで

お問合せ・アクセス・地図

全国対応

下肢の短縮障害

症状例:足が短くなった

下肢の短縮障害

下肢の短縮障害は,次の表のとおり8級5号から13級8号までの等級が認められます。

8級5号 1下肢を5㎝以上短縮したもの
10級8号 1下肢を3㎝以上短縮したもの
13級8号 1下肢を1㎝以上短縮したもの

骨折箇所から異常に骨の成長が進み,骨の長さが長くなる場合もありますが(延長障害),この場合,短縮障害に準じて等級認定が行われます。

部位別の症状【障害】

ページ上部へ