味覚減退|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心まで

お問合せ・アクセス・地図

全国対応

味覚減退

症状例:味が分かりにくくなった

味覚の減退は,濾紙ディスク法における最高濃度液による検査により,基本4味質のうち1味質以上を認知できないものをいいます。

味覚の減退は,14級相当が認められます。

味覚障害は日時の経過により漸次回復な場合が多いので,後遺障害の認定は原則として症状固定とされてから6ヶ月後に行うことになっています。

部位別の症状【障害】

ページ上部へ