嗅覚脱失|後遺障害・後遺症でお困りの方は弁護士法人心まで

お問合せ・アクセス・地図

全国対応

嗅覚脱失

症状例:匂いが分からない

鼻の後遺障害は,等級認定表には,欠損のみが定められています。

しかし,実際には,鼻の後遺障害は,欠損に加えて,機能障害としての嗅覚の脱失,減退についても認められます。

嗅覚の脱失については,12級相当が,減退については,14級相当が認められます。

嗅覚の脱失又は減退

嗅覚脱失又は鼻呼吸困難がある場合は,12級相当となります。

嗅覚の減退のみの場合には,14級相当となります。

嗅覚の脱失又は減退については,T&Tオルファクトメーターによって検査されます。

基準,嗅力検査の認知域の平均嗅力損失値により,5.6以上の場合は嗅覚脱失が,2.6以上5.5以下の場合には嗅覚減退が認められます。

嗅覚脱失については,アリナミン静脈注射による静脈性嗅覚検査による検査所見のみによって確認することもできます。

部位別の症状【障害】

ページ上部へ