交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故に関する弁護士等の専門家に関するQ&A

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼した方がよいのでしょうか?

保険会社は支払金額を低く抑えることによって利益が上がる立場にありますので,保険会社からの示談金額の提示額は,適正な賠償金に比べて低いものとなっているのが通常です。

交通事故による損害賠償額の算定基準には自賠責保険基準,任意保険基準,裁判・弁護士基準の3種類があり,順に高額になりますが,損害賠償額として適正なのは,裁判・弁護士基準です。

しかし,被害者本人自らが示談交渉をしていた場合,保険会社が最初の提示で,裁判・弁護士基準に基づいた金額を提示することはほぼありえません。

他方,弁護士に示談交渉を依頼した場合には,保険会社が当初から比較的高い示談金額を提示してくることがありますし,当初提示額が低かったとしても,示談交渉を行うことによって,裁判・弁護士基準で示談できることが少なくありません。

このように,裁判を考えていなくても,弁護士が間に入ることによって示談金額が増額することが少なくありませんので,まずは,弁護士に相談してみるのがよいかと思います。

Q&Aトップ

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ