交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

交通事故の後遺障害に関するQ&A

後遺障害は誰が認定するのですか?

  1. 1 後遺障害等級認定の必要性

    交通事故に遭われ,後遺症が残ってしまったとしても,必ずしも後遺症が残ってしまったことに対する慰謝料や逸失利益が認められるわけではありません。

    後遺症が残ったことによる慰謝料,逸失利益が認められるためには,原則として,後遺障害等級認定を受ける必要があります。

  2. 2 後遺障害認定とは

    後遺障害とは,症状固定時に交通事故と因果関係の認められる障害が残っており,かつその障害が自動車損害賠償保障法施行令の等級に該当するものをいいます。

    症状固定後も痛みや痺れが残っていても,自動車損害賠償保障法施行令の等級に該当しなければ,後遺障害とは認定されません。

  3. 3 後遺障害等級認定は誰が行うのか

    後遺障害等級認定は,最終的には加害者の加入する自賠責保険会社が行いますが,その調査は損害保険料率算出機構の自賠責調査事務所という機関が行うことになります。

    自賠責保険制度では,公平・適正な賠償金の支払いをするため,加害者側の自賠責保険は損害調査業務を損害保険料率算出機構に委託するという仕組みになっています。

    損害保険料率算出機構は,損害保険料率算出団体に関する法律,自動車損害賠償法に基づいて設立された非営利の民間団体です。

  4. 4 後遺障害認定の流れ

    被害者または加害者側から自賠責保険に後遺障害認定申請がされると,自賠責保険は,自賠責調査事務所に損害の調査を委託します。

    自賠責調査事務所は,請求書類に基づき,事故の発生状況,被害者の死傷と事故との因果関係,後遺障害の有無や等級,損害額,重過失減額の有無などを調査します。

    そして,その結果を自賠責保険に報告します。

    自賠責調査事務所で判断が困難な案件については,上部機関である地区本部や本部で審査をすることになります。

    自賠責保険は,自賠責調査事務所等の調査結果に基づき,最終的な支払金額を決定します。

  5. 5 後遺障害は弁護士法人心

    当法人には,後遺障害を得意とする弁護士が多数在籍しています。

    後遺障害でお困りの方は,一度,弁護士法人心にご相談ください。

Q&Aトップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

Q&Aトップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ