交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談 by 弁護士法人心

「後遺障害」に関するQ&A

交通事故における後遺障害とは何ですか?

1 後遺障害とは

後遺障害とは,身体の不具合が将来にわたって残存する状態をいいます。

交通事故によりケガをして,治療を続けたけれども症状が残存してしまうことがあります。

この場合に,その症状が交通事故によるものであることが医学的に証明または説明でき,労働能力の喪失を伴うものを「後遺障害」といいます。

自賠責保険の損害賠償の対象となる後遺障害は,障害による労働能力の喪失がどの程度かという観点から,1級から14級の14等級に分類されています。

2 後遺障害の認定を受ける方法

後遺障害の認定を受けるためには,医師に後遺障害診断書を書いてもらい,損害保険料率算出機構という機関による審査を受ける必要があります。

この審査は診断書などの書面審査を中心に行われます。

この等級認定で何級に認定されたか,あるいは認定されなかったかによって,損害賠償額が大きく変わってきます。

ですので,身体の不具合が将来にわたって残りそうな場合には,適切な後遺障害等級の認定を受けることが重要です。

3 適切な後遺障害の認定を受けるためにすべきこと

上記のとおり,後遺障害の審査は書面審査が中心となります。

そのため,医師の作成した診断書やカルテの記載,通院の頻度や回数などが重要な意味を持ちます。

もしこれらの書面の内容が不十分であったりすると,症状を軽く見られたり,あるいは症状があっても一生残るようなものではないと誤解されて,適切な後遺障害等級の認定を受けられなくなってしまう恐れがあります。

4 後遺障害のご相談は弁護士法人心まで

後遺障害に関してどの程度精通しているかは,弁護士によっても大きな差があると思われますので,しっかりと弁護士を選ぶことがとても重要です。

弁護士法人心では,保険会社の元代理人弁護士や損害保険料率算出機構の元職員らで後遺障害チームを作っておりますので,後遺障害認定の申請に関しても,通院段階からしっかりとサポートさせていただきます。

自分のケガは後遺障害がなるのではないか,後遺障害が残ってしまった場合に適切な賠償を受けられるのかお悩みの方は,弁護士法人心までご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア